ヒートショックの恐ろしさ

マイホームの窓口祇園店 溝渕です。

 

今日は少しショッキングな内容ですが「ヒートショック」について触れたいと思います。

 

 

ヒートショックとは何か?

 

ヒートショックとは「暖かい所から急に寒い所へ行った時、急激に血圧が上昇し、心臓発作脳血管障害を引き起こす事がある体の変化のこと」です。

温度差が10℃以上あると、起こりやすいと言われており、冬場の入浴中に起こる事が多いとされています。

あまり聞きなじみがないヒートショックですが、実はこのヒートショック、入浴中の死亡事故の原因において大半を占めているのです。

その数、年間推定17,000人…。

交通死亡事故の3.8倍程も、このヒートショックにより亡くなった方がいらっしゃいます。

また、亡くなるに至らなくても、深刻な健康被害に遭われている方もいらっしゃいます。

 

予防策としては、

・日没前、夕食前の入浴

・食事直後・飲酒時の入浴は控える

・湯温設定41℃以下

・湯張りをシャワーで行う

以上に気を付ければ予防できる様です。

ですが、日々の仕事、家事の兼ね合いで難しい時もありますよね。

 

そこで、大事になるのが「断熱性能」という訳です。

簡単に言えば、暖房がない所が寒くなり過ぎなければ良いわけですから。

何も「快適に過ごすために!」や「電気代等のランニングコスト削減!」という事だけのために断熱性能はある訳ではありません。

肺を冷やすと血圧が上がるので、病気への抵抗力が下がります。

それを防ぐ事で医療費の削減も狙えます。

高断熱になるとカビ、ダニの発生を抑制できるので、アレルゲンが少なくなり、「アレルギー症状が改善した」なんていう報告もあるそうです。

勿論ヒートショックが起きてしまう確率もグっと減ります。

実際に、ヒートショックが少ない県のTOP2は「北海道」と「沖縄県」なんです。

北海道の様な極寒の地でも住環境の断熱をしっかりしていれば、外が寒くてもヒートショックは起きにくいのです。

 

そろそろ、暖かい時期になるので、ヒートショックも起きにくくなってきますが、そうは言っても「寒暖差」がヒートショックの原因なので、まだまだ気を付けないといけません。

 

身近に潜んでいるにも関わらず、あまり知られていない危険だと感じていたので、ここに書く事で少しでも多くの方が健康被害に遭われない様にと思い、こんな記事を書きました。

 

家づくりの際の参考にもしてみてください。

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する