住宅ローンについて その1

マイホームの窓口祇園店 溝渕です。

 

今日は「住宅ローン」について簡単に解説してみたいと思います。

 

 

一口に「住宅ローン」と言っても、実は色々な種類があります。

それを全て説明するとなると結構な文字数になりそうですので、ざっくりとした感じで説明していきたいと思います。

 

ざっくり大きく分けると「変動金利型」「固定金利型」という2種類に分けられます。

変動金利型は金利の見直しが半年ごとに行われ、金利が動いていた場合は5年ごとに返済額が変わるという商品。

対して固定金利というのは金利が一定期間(期間終了後は金利を選択する)または全期間一律であるという商品です。

 

ではそれぞれのメリット・デメリットを解説します。

 

変動金利メリット

・金利が低い。

・金利が上がらなければ、低金利を享受し続けられる。

変動金利デメリット

・金利上昇のリスク

・場合によっては住宅ローンが35年で終わらない可能性。

 

メリットは解説するまでもないかもしれませんが、変動金利という商品はリスクがある分、金利が最も低いという特長があります。住宅ローンは基本的に長期での借入になるので、金利が低い事はそれだけでメリットです。

 

デメリットは、その状態がいつまで続くか分かりにくい点です。

いわゆる「リスク」の部分ですよね。

そして変動金利のルール上、場合によっては支払い期間が35年では終わらない可能性もあるのです。

 

どういう事なのか?

まず、変動金利のルールは前述したように半年ごとの見直しで5年ごとの支払額変更ですが、支払額も変更前に払っていた額の125%までしか増やせないという決まりがあります。

例えば毎月10万円支払っていた場合は125千円までしか増えません。

 

では仮に、本当は金利が凄く上昇していて支払額が130%増えていたが、支払う額は125%であった場合、残りの5%はどこに行くのでしょうか?

 

これは免除される訳ではなく、次の更新時に繰り越される事になります。

こんな調子で、ずっと繰り越されたら「35年後、ローンが終わったと思ったら払えていない金額が結構ありました」みたいな事になる可能性が0ではないという事です。

 

以上が変動金利のざっくりとした解説となります。

 

ただ、金利は経済状況に大きく依存しているので、そこまで金利が上がるという事は日本の経済状況が凄く良くなっているという事でもあります。

住宅ローンの金利が5年そこらでそこまで変わるという事は、どう考えてもお給料も上がってないとおかしいと思います。

 

従って「本当にリスクとなり得るかどうか分からない」というのが、個人的な見解です。

 

考え方は人それぞれです。

「先の事を考えて選択する」というのが金利を選ぶ事だと思いますので、参考にして頂ければ幸いです。

 

「固定金利」に関しては、また次回に解説したいと思います。

 

→次回「住宅ローンについて その2」へ

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する