土地家屋調査士

マイホームの窓口祇園店 溝渕です。

 

今日は「土地家屋調査士」という資格についてお話ししたいと思います。

 

 

皆さんは土地家屋調査士という資格を御存じでしょうか。

家を建てる上では避けては通れない資格です。

他にも「司法書士」や、場合によっては「行政書士」という資格とも接点を持つ事になりますが、当然それぞれ役割分担が違うのです。

 

土地家屋調査士はその中でも、あまり有名とは言えないかもしれません。

しかし重要な役割を担っています。

 

その一つが「建物表題登記」です。

建物表題登記とは「完成時にどのような建物であるか、誰が所有しているのか」という事を法的に記録する事です。

因みに義務なので、していないと罰則があります。

基本的には、建物の所在・地番・家屋番号・種類・構造・床面積、所有者の住所・氏名が登録されます。

 

しかし、これだけでは第三者に「自分の持ち物である」と主張できません。

所有権を主張するためには「建物所有権保存登記」をしなければならず、その後、銀行から融資を受けるためには「抵当権設定登記」をしなくてはなりません。

なので、建物表題登記と建物所有権保存登記はセットでされる事が多いです。

「建物表題登記」は土地家屋調査士さんが、「建物所有権保存登記」は司法書士さんがされます。

 

その他にも、いわゆる「農地」を「宅地」に変えるための「農地転用」に関する手続き、登記を目的とした官民境界確定に関する業務、建築基準法に基づいた道路位置指定の手続きや都市計画法に基づいた開発許可の手続き、道路の拡幅整備に関する条例に基づく手続きも、土地家屋調査士の方のお仕事です。

 

この「土地家屋調査士」ですが、試験が難しい事でも有名です。

平成30年度の合格率は9.54%。

同年の司法試験(裁判官、弁護士、検察官になるための試験)の合格率が29.1%という事からも狭き門であると言っていいのではないでしょうか。

 

色々な方が力を合わせて家を作っていきます。

中には日の当たりづらい職種もありますが、なくても良い職種はありません。

 

その中の一つに、マイホームの窓口もあると思っています。

お近くに寄られた際には、些細な事でも良いので、お気軽にお声がけください。

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する