住まいの構造~基礎~

マイホームの窓口祇園店 溝渕です。

 

今日は家の構造の中でも「基礎」に関して、お話ししていきたいと思います。

 

 

家の床と地面の間にある「基礎」は非常に重要な部分となります。

家の重さを地面に伝える部分ですから、強度はもちろん、家の重さをなるべく均等に地面に伝える事も重要になってきます。

偏っていたりすると、不同沈下といって、家が傾く原因にもなりかねません。

 

現代日本の建築では大きく分けて「布基礎」と「ベタ基礎」という2種類が用いられる事が多いです。

 

「布基礎」とは?

日本では伝統的な基礎と言っても良いのが「布基礎」です。

簡単に言えば、柱や外壁や主要な部分の下になる場所だけコンクリートで支える基礎の事です。

 

メリットとしては、手間や材料費が最小限なので、節約になります。

デメリットとしては、地盤の影響を受けやすいという所。なので布基礎を採用する場合はしっかりとした「地盤改良工事」が必要になります。

それと、コンクリートの種類によっては湿気がたまってしまい、シロアリの発生原因、カビ・ダニと言ったアレルゲンの発生原因になってしまう事もあります。

 

布基礎を採用する場合は、コスト面で採用されるケースが多いです。

 

 

「ベタ基礎」とは?

床下に満遍なくコンクリートを入れ、鉄筋によって基礎全てが一体となっている基礎です。

最近の住宅ではこちらを採用される事の方が多くなってきました。

 

メリットとしては、家の重さが基礎全体に分散されるので建物が沈下を起こしてしまう可能性が、布基礎と比べて小さいです。高耐久な基礎と言っても良いでしょう。それと基礎の「スラブ」と呼ばれる底の面が厚いので湿気が発生しにくく、シロアリ被害も起きにくいです。

デメリットとしては、配筋の量、コンクリートの量が多いため、手間と材料費がかかります。

 

ベタ基礎は主流と言っても過言ではないほど、採用されています。

 

 

どちらの基礎が優れているかというのは一概に言えない部分があります。

物件がどんな構造でどんな大きさなのか、地盤環境はどうなのかによっても採用される工法を変える建築会社さんもあります。

 

基礎は「家の土台」ですので、重要な部分です。

現代建築においては「湿気が溜まらない」であったり「構造の安定性」であったり「シロアリの発生を防ぐ」であったり、基礎には求められる事が多くあります。

それは「住まいが高耐久である事」に直結しているからです。

 

「デザイン」や「インテリア」などと比べると、分かりづらくて敬遠されがちな「構造」ですが、おろそかにはできません。少しでも多くの方に知ってもらえればと思います。

 

今後の家づくりの参考にしていただければ幸いです。

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する