ヒートアイランド現象

マイホームの窓口祇園店 溝渕です。

 

梅雨入りし、湿度がかなり高くなってきました。

 

高温多湿は日本の風土ですが、気温と湿度が関わる「不快指数」という言葉もあるように、ジメジメすると気持ち悪いと感じる方も少なくないのではと思います。

 

気温の上昇は中心地や都市部などで顕著ですが、それは温暖化だけが原因ではありません。

 

今回は「ヒートアイランド現象」について簡単に解説したいと思います。

 

 

ヒートアイランド現象とは?

簡単に言うと「都市の気温が周囲より高くなる」という現象の事です。

気温の分布図を描いた時に、高温域が都市を中心に「島」の様な形になる事から、ヒートアイランド現象と呼ばれています。

 

では何故、このような現象が起こるのでしょう。

 

人工物と人口密度

大きな理由は2つあります。

 

1つ目は「土地の環境」です。

コンクリートなどの人工物は、植物や土などの自然物に比べ保水力がない上、熱の蓄積量が多い事が影響しています。

日中、背の高い建造物が密集する場所では、反射光やアスファルトからの熱により、建物に熱がどんどん蓄積されてしまいます。

日中に蓄積した熱を夜間になっても放出し続けるため、夜間も温度が低下を妨げることになります。

 

2つ目は「人工排熱」です。

都市の産業活動や社会活動によって排熱され、暑くなる要因になっているのです。

例えば、車の排気ガス、室外機からの排熱などです。

これにより、極端に温度の高い場所ができてしまったりします。

 

以上2つの原因により「ヒートアイランド現象」は起こってしまいます。

他にも、風の通りが悪い事、緑が少ない事も原因になっています。

 

これは、家づくりにも通ずる所があります。

 

家の中の環境もそうですが、エクステリア、いわゆる「庭」の作り方や「建築予定地の選び方」です。

 

人工物が多い庭で、風の通りも悪く、緑が少ない周辺環境となると、やはり暑さを感じてしまう方もいらっしゃると思います。

 

これで「だから郊外がいい!」と言っている訳ではありません。

建築予定地に合った「庭」の作り方や、どんな生活が良いかという「ライフスタイル目線」が必要であるという事です。

 

家を建築する時に「庭」や「駐車場」をどうするかという事も重要ですが、アプローチをどう作るか、コンクリートをどの程度使うか、植栽は必要か否か、必要だとしてどの程度必要か、という事を考える時の基準の一つになればと思います。

 

少しでも参考になれば幸いです。

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する