プランの考え方

マイホームの窓口祇園店 溝渕です。

 

注文住宅を検討していく中での醍醐味といって良いのが「プラン作り」です。

どんな家がいいのか相談したり自問自答したり、営業の方や設計士の方と一緒に考えて作る自分の家ですので愛着も湧くというものです。

 

しかしながら、せっかくの我が家を考える上で良く分からなくなってしまう事も多々あります。

煮詰まったり詰め込みすぎたりで「愛着と使い勝手は別」みたいな結論になってしまう、という事を耳にします。

 

そこで、今回は間取りを考える時の「考え方」を少しご紹介したいと思います。

 

 

間取りを考えていく上での大前提として「家族の意見をまとめる」という事が大切になってきます。

例えば「これは絶対欲しい!」や「これは絶対に嫌!」という意見を、ある程度で良いのでまとめる事で方向性が定まりやすくなります。

 

それを前提とした上で、考え方をご紹介します。

 

  1. 目的の把握

間取りには様々な考え方があります。

例えば「リビング階段なのかホール階段なのか?」「窓は縦すべりなのか上下窓なのか?」「キッチンはペニンシュラなのかアイランドなのか?」などの選択肢には全てメリットとデメリットがあります。

しかし、これら「メリット」と「デメリット」の頭には「一般的に」という言葉がついています。

それを個人に落し込んだ時、メリットとされている事に興味がなかったりデメリットとされている事は気にならなかったりという状況もあり得ます。

大切なのは「目的」です。

どうしてそうしたいのか?という目的をしっかりさせるとメリットとデメリットを活かしやすくなります。

 

  1. 時間割を考えてみる

家族全員の朝起きてから夜寝るまでの時間割を書き出してみる事も効果的です。

間取りを考えている時に、ついつい抜け落ちてしまいがちになるのが「具体性」と「再現性」です。

紙面上での打合せですので、数字と絵が全てになってしまい、いわゆる「机上の空論」の様な間取りになってしまう事があります。

そこで時間割です。

時間割を書き出す事で普段の行動を深くイメージしやすくなります。

そうすると「ここがこうだと朝の準備が楽だ」であったり「これがこうだと邪魔じゃない?」であったりと、具体的なイメージが湧きやすいです。

プランを一度提案されている場合は、動線をプランに書き込むのも効果的です。

その時には「家事動線」と「生活動線」を分けると、より効果的です。

 

  1. 相手とイメージを共有する

プランは基本的に営業の方や設計士の方と打合せしていく事になります。

相手はプロですので様々な提案をしてくれますが、プロとは言っても人間です。

言葉で伝えると言葉のニュアンスであったり連想するイメージであったりが変わってしまう場合があります。

自分で見つけたお気に入りのデザインやプランを画像として保存しておき、相手とイメージを共有できるようにすると効果的です。

イメージを共有していれば、似たテイストの物や、もっと好きなデザインを提案してくれるかもしれません。

 

以上、少しですが間取りの考え方をご紹介いたしました。

 

プランの正解は常に「あなたの中」にしかありません。

どんな提案であるにしろ、あなたが「良い」と判断するかどうかが全てと言っても過言ではないのです。

 

そうは言っても「どんな物が好きか、自分でも良く分からない」という方もいらっしゃいます。

そんな時は、どうぞマイホームの窓口にお声掛けください。

どんな家が良いのかという事を一緒に考え、世界に一つだけの「あなたの家」を作るお手伝いができます。

 

少しでもお力になれれば幸いです。

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する