ホテルと旅館の違い

マイホームの窓口祇園店 溝渕です。

 

今回は雑学シリーズ…というほど沢山の雑学は投稿していませんが、ちょっとした雑学のご紹介をさせていただきたいと思います。

 

 

皆さんは「ホテル」と「旅館」では何が違うと思われますか?

 

「洋風な物がホテル」で「和風な物が旅館」という様なイメージを持たれる方も少なくないのではないでしょうか?

しかし、洋風な旅館もあれば和風なホテルもあります。

他にも「温泉があるのが旅館でそれ以外はホテルではないか?」というご意見もあるかと思います。

しかし温泉施設があっても「ホテル」という表記になっている所もあります。

サービス内容の違いと言う訳でもないようです。

 

では何が違って、線引きはどこでしているのでしょうか?

 

実は、「ホテル」と「旅館」の表記の違いは「旅館業法」という法律でしっかり決められているのです。

 

旅館とは

部屋数が5室以上かつ1室の広さが7㎡以上で、おおむね和式で統一された施設の事でトイレも適当数であれば良いとされています。

 

ホテルとは

部屋数が10室以上かつ1室の広さが9㎡以上で、構造や設備も含め洋式で統一された施設の事で居室は壁で仕切られ出入口には施錠装置があり、トイレは水洗かつ洋式の物が設置されている必要があるとの事です。

 

ちなみに、以上の定義に満たない物を「民宿」や「ペンション」と呼ぶようです。

 

例えばですが、洋風の様な印象を受けたとしてもホテルの定義を満たしていなければ「旅館」であり、和風の様な印象を受けてもホテルの定義を満たしていれば「ホテル」を名乗れるという事です。

仮にホテルの定義を満たしていても「和式のトイレ」があれば「旅館」という事になりますね。

 

以上、今回の雑学「ホテルと旅館の違い」でした。

 

家づくりを検討されている方はホテルや旅館の画像を見てみるのもいいかもしれません。

「こんなテイストの家がいい!」

「このアイデアを家に使いたい!」

という、イメージの参考になる事があります。

 

少しでも参考になれば幸いです。

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する