ハロウィンとは

マイホームの窓口祇園店 溝渕です。

 

今年もついにハロウィンを迎えました。

これが終われば11月。

きっとすぐに年末です。

時が進むのは早いものです。

 

これを書いている1030日の段階ではハロウィンは明日という事になりますが、今年は例年に見られるような人込みはきっとないのでしょうね。

 

しかしながら「鬼滅の刃」のキャラクターに扮した人が多そうだな、と個人的に思っています。

 

今回はハロウィンに関してウンチク小話でもと思います。

もうすっかりポピュラーなイベントとして定着したハロウィンですが、そもそも由来は何なのでしょうか?

 

ハロウィンは古代ケルト人が起源と考えられている様です。

 

古代ケルト人の1年の終わりは「1031日」とされていました。

 

そして1年の終わりの夜になると、魔女や悪霊が悪さをすると信じられており、秋の収穫祭も兼ねて悪いものを追い払うという意味合いがある、宗教的なお祭りであった様です。

 

何故、仮装をするかと言うと、魔女や悪霊に扮する事で仲間だと思わせて、あの世に連れていかれない様にするためです。

自衛のための仮装だった訳ですね。

 

では何故「かぼちゃ」なのでしょうか?

これは、魔除けの意味を込めて焚火をしたり仮面を付けたりしていた事と「ジャック・オー・ランタン」と言われる伝説が混ざってできた文化の様です。

 

ジャック・オー・ランタンの伝説を簡単にご紹介します。

 

 

昔「ジャック」という悪い事ばかりする男が居ました。

ある日、ジャックは魂を奪うためにやってきた悪魔と出会います。

しかしジャックはずる賢い手段で、死後に地獄に行かないという約束を交わします。

 

ジャックは死後、悪い事ばかりしていたせいで、天国に行く事ができませんでした。

とは言え地獄にも生前交わした約束があるので行けません。

 

行き場を失ったジャックは元来た道を戻りますが、真っ暗な上に強い風が吹いていたので、悪魔に「明かりをくれ、道が見えない」と訴えます。

 

悪魔は火を与えました。

ジャックはそれをカブの中に入れ、提灯を作り、いつまでも、あの世とこの世をさまよい続け「提灯のジャック(ジャック・オー・ランタン)」と呼ばれました。

 

 という伝説です。

元々はカブだったのですが、アメリカに広まった際、多く生産されていたカボチャに変わったという事でした。

 

以上、ハロウィンのウンチクでした。

 

物事には由来や背景があります。

家づくりにおいても「何故そうなのか」は大事なポイントです。

家の外観や内装、庭に至るまで「何故そうなのか」が沢山あるはずです。

その数が多いほど、良い家なのではないかと個人的には思っています。

 

少しでも参考になれば幸いです。

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する