住宅購入の自己資金を貯めるには?

皆様こんにちは。今日は自己資金を貯める方法をご紹介いたします。

<財形住宅貯蓄>

財形住宅貯蓄は持家取得を目的に、勤労者が会社の協力を得て、

給与天引きして行う積立貯蓄です。

利子非課税の特典があり、非課税限度額は財形年金貯蓄と合わせ

元利合計550万円(保険型は払込保険料550万円保険差益が非課税)

までとなっております。

①非課税適用要件

積立期間 :5年以上、定期(年1回以上)に積み立てる。

               :5年未満でも目的払い出し(住宅購入)は可

払い出し :原則住宅取得以外は払い出しは不可。

     :目的外払い出しは貯蓄型は過去5年間、保険型は開始時から遡及課税。

利子税制 :元利合計が限度額以下であれば利子非課税。

適格払出し:持家で自らが住む住宅の取得

面積要件 :床面積50㎡以上

中古住宅 :耐火構造は25年以内(その他は20年)

②財形住宅貯蓄の種類と非課税限度額

銀行       :期日指定定期預金        元利合計550万円

信託銀行:金銭信託            元利合計550万円

証券会社:公社債投資信託 国債      元利合計550万円

ゆうちょ銀行 :財形住宅定額貯蓄     元利合計550万円

かんぽ生命    :財形住宅貯蓄保険   払い込み保険料550万円

生命保険     :財形住宅積立保険   払い込み保険料550万円

損害保険     :財形住宅傷害保険   払い込み保険料550万円

③払い出し方法

全額一括払い出し:住宅取得後、1年以内に必要書類を添付して申請。

取得前の払い出し:取得前に90%、取得後1年以内に残額

④財形持家融資制度

勤労者退職金共済機構が財形貯蓄(財形の種類問わない)をしている人に

融資する制度です。

1年以上積み立てて、貯蓄残高が50万円以上あれば物件価格の90%以内で

貯蓄残高の10倍以内(最高4,000万円)の融資が受けられる。

(勤務先に財形貯蓄制度があることが前提となります)

住宅資金を貯める参考になれば幸いでございます。

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、
または
送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する