新型コロナウィルスのワクチン

マイホームの窓口祇園店 溝渕です。

 

ここ最近、天気が安定しませんね。

雨が降ると少し冷え込みますが、天気のいい時は日差しが強く、ちょっと暑いと感じてしまいます。

体調管理に気を付けないと、すぐに体調を崩してしまいかねません。

 

体調といえば、コロナウィルスも抑えられるどころか、依然猛威を振るっています。

広島県でも少しずつ感染者数が増えているので、より気を付けたいと思います。

 

コロナウィルスといえば、ワクチンですね。

 

今日は新型コロナウィルスのワクチンについて、簡単にご紹介したいと思います。

まず、日本では「ファイザー社」のワクチンが薬事承認されています。

承認申請中のワクチンとして「アストラゼネカ社」「モデルナ社」が現在承認中となっている模様です。

 

このワクチンは抗体の生産と免疫応答が誘導される事で感染を防ぐことが目的のワクチンです。

 

実は、ワクチンの接種は一回では終わりません。二回あります。

 

一回目の接種を終え、3週間してからもう一度接種する事で、ワクチンの接種が完了します。

当然ですが、同じワクチンでないと意味がありません。

その上で充分な免疫ができるには二回目の接種から一週間後とされているようです。

 

ちょっと面倒だと感じる方もいらっしゃると思います。

 

しかし、感染予防効果は約95%という報告もあるみたいなので、意味がないという事はなさそうですね。

 

ですが、副反応には注意した方が良い様です。

主に、頭痛、関節や筋肉の痛み、注射した部分の痛み、疲労、寒気、発熱等が報告されています。

そしてまれにアナフィラキシーなども起こるという報告もあるみたいです。

 

予防接種を受けられない方、または注意が必要な方というのも、ある程度決められていますので、予防接種を受けに行かれる方はしっかり調べないと、コロナウィルスとは別の角度から生活に悪影響を及ぼしてしまいそうです。

 

せっかくワクチンを接種するなら、自身の状況をしっかり整えるという事も必要ですね。

 

これは家づくりをご検討されている方にも同じことが言えると思います。

 

ワクチンであれば「摂取した方が良い方」と「摂取しない方が良い方」というのが、調べると分かる訳です。

建築業界で言うと「家を持った方が良い方」と「家を持たない方が良い方」という考え方があります。あくまで「考え方」です。

 

これはご自身で調べるには苦労します。

調べると言ってもそこには「自分の考え方」や「将来の事」という自分しか知らない事や誰にも分からない事も関わってくるからです。

 

そういった事を、お話させていただくのも私達の仕事の一環だと思っています。

漠然としていて「家の事は気になっているけど、何を話していいか分からない」という方も、どうぞ安心してご来店ください。

 

ゼロから丁寧にご説明させていただきます。

 

少しでも参考になれば幸いです。

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する