住宅瑕疵担保履行法とは?

皆様こんにちは。

今日は住宅瑕疵担保履行法について

お知らせします。

 

「住宅瑕疵担保履行法」とは?

新築住宅を供給する事業者には、住宅のお引渡しから10年間の

瑕疵担保責任が義務付けられています。しかし事業者が倒産し

てしまい、その後に瑕疵が見つかったらどうしたらよいの?

それを解決するのが「住宅瑕疵担保履行法」という法律です。

 

事業者が倒産した後に瑕疵が見つかった場合、お客様に少ない

負担で瑕疵の補修が行えるよう、事業者に対して「保険の加入」

、または「保証金の供託」にて、資力を確保するよう法律で義務

付けられています。また新築住宅の建設や販売時には資力確保の

措置について、住宅取得者へ説明する義務もあります。

事業者が倒産してしまっていても、お引渡しから10年以内に瑕疵

が見つかった時は、保険金や保証金で修理費用をカバーしてくれます。

 

瑕疵とは?

「欠陥」を意味します。この法律でいう瑕疵は、構造耐力上主要な

部分、雨水の侵入を防止する部分の欠陥になります。

 

以上から、マイホームをお考えの皆様にとってやさしい法律であること

がいえます。

 

最後までご覧いただき有難うございます。

 

 

 

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、
または
送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する