住宅ローン金利の特徴について!

皆様こんにちは。

今日は住宅ローン金利の特徴

について、お知らせします。

 

<変動金利>

金利が1年に2回見直されるため、金利変動の

影響をストレートに受けます。

毎回の返済額の改定は5年ごとでかつ改定後の

返済額が従前の1.25倍以内というルールを設け

ています。

 

メリット

・借入当初の金利が低い

・金利が下がれば返済額が減る

 

デメリット

・金利が上がれば返済額が増える

・最終的にいくら返済するのか分からない

・長期の生活設計が立てにくい

 

向いている方

・借入額が少ない

・返済期間が短い

・手持ち資金に余裕があり、金利上昇時に

 繰上げ返済で返済額の増加に耐えられる方

・金利の動向をチェックし、対策を考えられる方

 

向いていない方

・借入額が多い方

・返済期間が長い方

・手持ち資金が少なく、金利上昇による

 返済額増加で負担が難しい方

 

 

<固定変動選択型>

借入時に決めた期間の金利を固定し、その期間が

終了した時点で変動金利にするか、再度その時点

の金利で固定変動選択型にするかを選ぶ商品です。

 

メリット

・一定期間だけ返済額が変わらない

・借入当初の金利は全期間固定に比べて低い

・金利が固定されている間の生活設計が立てやすい

 

デメリット

・固定期間終了後の金利が分からない

・最終的にいくら返済するのかが分からない

・長期の生活設計が立てにくい

 

向いている方

・一定期間は金利を固定したい

・手持ち資金に余裕があり、固定期間終了後に金利が

 上昇しても繰上返済で負担軽減することができる。

 

向いていない方

・借入額が多い方

・返済期間が長い方

・返済額を固定したい方

・金利動向で返済額が変動することに不安を感じる方

 

 

<全期間固定型>

借入期間中の金利が固定されるタイプ。

 

◆メリット

・返済額が変わらない

・総返済額が確定している

・長期の生活設計が立てやすい

 

◆デメリット

・借入当初の金利を比べると、変動金利より高い

・低金利が最後まで続いた場合、他の金利タイプ

 に比べ返済額が多くなる可能性がある

 

◆向いている方

・借入額が多い方

・返済期間が長い方

・返済額を固定したい方

・金利の動向で返済額が変動することに不安を感じる方

 

◆向いていない方

・借入額が少ない方

・返済期間が短い方

・手持ち資金に余裕があり、いつでも繰上返済ができる方

 

最後までご覧いただき、有難うございます。住宅ローン金利の特徴を理解いただき、皆様のライフプラン

に合った住宅ローン商品をご選択いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、
または
送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する