住宅ローン控除と住宅資金贈与の注意点!

皆様こんにちは。

今日は住宅ローン控除と住宅資金贈与

の特例を併用する場合の注意点につい

て、お知らせします。

 

2018年12月会計検査院の指摘で、住宅ローン減税が

過大に申告されていたことを国税当局が見落として

いたことがニュースになりました。

直系尊属(祖父母・父母等)から住宅資金の贈与を受け、

贈与税の非課税の特例を受けたケースなどで、誤りが

多かったようです。

国税庁は2013年~2016年分の申告で約1万4,500人いた

と発表しました。

 

住宅ローン控除と住宅資金贈与の特例の併用で誤りが

あったケースを、例を挙げてご説明します。

 

■住宅購入価格(税込)  :3,000万円

■年末住宅ローン残高 :2,500万円

■住宅取得資金の贈与額:800万円

 

<住宅ローン控除の算定額>

①住宅購入価格ー住宅取得資金の贈与額

②年末住宅ローン残高

①と②のどちらか少ない額で算定します。

 

上記算定額から計算しますと、

①3,000万円ー800万円=2,200万円

②2,500万円

①が少ない額の為、2,200万円×1%(最大の控除額)となります。

 

過大申告のケースは?

②の2,500万円で算定し、2,500万円×1%(最大控除額)で還付金が過大に

なっています。この場合は不足額を納税するようになります。

 

最後までご覧いただき、有難うございます。

住宅ローン控除と住宅取得資金の特例を併用される場合は、

ご注意ください。

 

 

 

 

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、
または
送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する