耐震性能って何?

世界的に見ても地震の多い日本では、「地震に強い家」を望む人がほとんどです。

特に、阪神淡路大震災をはじめ、東日本大震災があって以降、「耐震」は住宅業界において重要なキーワードとなり、ついに「耐震等級」という評価制度まで誕生しました。

耐震等級には1・2・3と3段階の等級があり、数字が大きくなるほど地震に強い建物というわけです。

 

耐震等級1とは

国交省では、耐震等級1について、以下のように説明しています。

「極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力に対して倒壊・崩壊しない。そして、建物が損傷を受ける程度を稀に(数十年に一度程度)発生する地震による力に対して損傷を生じない程度」。

数百年に一度、数十年に一度というのがあいまいな表現ですが、前者は「震度6強から7程度の地震ではつぶれませんよ」ということ、後者は「震度5強程度では構造体に被害が出ませんよ」という感じです。

 

耐震等級2と3

耐震等級2は等級1の1.25倍の強度で、3は1の1.5倍の耐震性能という位置づけになります。

等級が高いと単純に柱や梁、壁などがそれだけ強いのかというとそうではありません。建物の強さは地盤によっても大きく変わりますし、建物の形状によっても強さが異なるので、複雑な計算式によって耐震性能は決められるのです。

 

"理論上では"耐震等級が大きい方が地震に強いが・・・

実はこの耐震等級というのは、あくまで「設計段階」でどの程度の耐震性能が確保されているかというのを示しただけであって、実際に建てられた家の耐震性能を示したものではありません。どういうことかというと、設計通り建てられていれば耐震等級=実際の家の耐震性能ですが、施工の品質が悪かった場合、例え等級3の建物でも実際建てられた家は耐震等級1より劣ることもあり得るのです。そして、それをチェックする第三者機関もありません。

工務店選びにおいて、理論通り現場で施工しているかどうかも重要なチェックポイントですね。

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、
または
送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する