住宅に関する制度について

今回は家を賢く購入するための制度について6つの制ご紹介したいと思います。

 

1、住宅性能表示制度

 

  住宅の性能を投球でランク付けしたり、品質を数値で示す制度のことです。表示のルールは国が定めていますが、表示するかどうかは任意となっています。性能評価機関が図面や建物をチェックして、設計段階の「設計住宅性能評価書」と、建物完成時の「建設住宅性能評価書」を交付します。

 

2、BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)

 

 BELSとは、住宅を含む建築物の省エネルギー性能を第三者機関が評価し、星の数やエネルギー消費量の削減率、基準に適合しているかどうかをラベルで表示する制度のことです。一定規模以上の建物について、広告などに独自の基準による表示を義務付けている自治体も多いです。

 

3、次世代住宅ポイント制度

 

 一定の省エネ、耐震、バリアフリー性能を満たす住宅や家事負担が軽減される住宅の新築やリフォームに対し、商品等と交換できるポイントがもらえるというものです。住宅の新築は最大35万ポイントもらえます。

 

4、長期優良住宅・低炭素建築物

 

 建物の耐久性や維持管理のしやすさなどが一定の基準を満たすと長期優良住宅の認定がられます。そして購入時の登録免許税や不動産取得税が軽減されるほか、ローン控除額が上乗せされます。また、省エネルギー性能やヒートアイランド対策などの一定の基準を満たすと低炭素建築物の認定が受けられ、ローン控除額が上乗せされます。

 

5、住宅瑕疵担保保険

 

 新築住宅では、引き渡しから10年間、基礎や外壁、柱などの基本構造部分に欠陥が見つかった場合無料で修理してもらえます。売主が倒産しても保証が受けられるよう、売主が加入するのが住宅瑕疵担保保険です。法律で保険加入などが売主に義務付けられています。

 

6、すまい給付金

 

 住まい給付金は、消費税率の引き上げに伴う住宅取得時の負担を軽くするためにできた制度です。いくつかの要件がありますが、消費税増税後に住宅ローンを利用して住宅を取得するのなら、もらえる可能性は高いです。住まい給付金の実施期間は20144月から202112月までに引き渡しと入居が完了した住宅が対象です。給付金額は収入や適用される消費税率によって異なります

 

 

 

◇住宅にも色々な制度があります。なんでもマイホームの窓口にご相談くださいませ◇

 

 

 

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、
または
送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する