住宅ローン借入額「年収の5倍が目安」じゃダメ!年収から逆算して予算を決めてはいけない理由。

 家を買うときに不可欠な「予算の決定」。みなさんはどのようにこの住宅購入予算を設定しているのでしょうか。住宅業界においては、購入予算の設定は正確さよりも分かりやすさが重要視されているように思います。例としては「年収の〇倍」や「ローンの毎月返済額が今払っている家賃のプラス〇万円まで」といった年収や現在支払っている家賃から購入予算を逆算する方法ですね。確かにわかりやすくて目安にはなるでしょう。実際、お客様と話す側としてもこの話法は非常に使いやすいので自分もよく使ってしまうのですが、あくまで目安でありそのまま予算として設定していいかというとそうではありません。

 

人生で一番高い買い物は、住宅ではなく「住宅ローン」。

 住宅は多くの人の一生の中で一番高い買い物だと言われています。安くても1,000万円を超える大きな買い物です。そのためほとんどの人が住宅ローンを借り入れ、長期間にわたって返済し続けていくことになります。そしてご存じの通り、住宅ローンには「利息」があります。2,000万円の家を買うためにフルローンで2,000万円借りるとしましょう。2,000万円返すだけでいいのかというとそうではなく、実際には利息分を追加して返さなければなりません。そういう意味で一番高い買い物は「住宅ローン」なのです。この利息と長期間の返済が住宅購入の特徴であり、予算決定において重要なものとなってきます。

 

「年収の何倍」 は前提条件を無視しすぎている

 一番良く言われるのが、「年収の〇倍までが目安ですよ」というフレーズです。最近では6~7倍までが多いですね。年収が500万円であれば3,000~3,500万円が目安という計算です。しかし、これは目安という逃げ道を用意しているにしても、あまりに乱暴な決め方です。500万円が20代時点の年収なのかそれとも40代での年収なのか。借入期間は何年なのか。子供は何人いるのか、大学まで行かせたいのか。貯金がいくらあってその内どのくらい頭金に使えるのか。

 あくまで平均的なライフスタイルから予測して〇倍だったらOKと推測しているだけなので、お客様それぞれにあてはまる根拠などありません。

 

正確な予算決定はまず「ライフプラン」から

 ライフプランとは、人生設計のことです。将来発生することが予想されるイベントなどを把握しておき、将来に向けた資金計画を事前に立てましょう。どのタイミングでどのような出費が発生するのかをあらかじめ把握しておくで、家の購入に向けた資金計画が立てやすくなったり、購入に適したタイミングが見えてきます。

 マイホームの窓口高陽店は、プロのライフプランナーと提携しておりますので、家をご検討されている方は是非一度お越しください!

 

 

 

 

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、
または
送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する