生涯の金額の差はいくら?賃貸と新築一戸建てを徹底比較!

家を買っても、賃貸に住み続けても住居費は一生かかります。結局どちらがいいのでしょうか?

「マイホーム」と「賃貸」の比較論争は永遠のテーマとも言えますね。

まずはそれぞれのメリット・デメリットをみながら理解を深めてみましょう。

 

マイホーム 新築 新築一戸建て 家 外観

賃貸住宅のメリット

 

✔︎引越しやすさ

賃貸住宅で暮らすメリットとしてまず挙げられるのが「住み替えの容易さ」です。

家族構成や環境の変化、収入の減少といった事態が起き、現在の生活スタイルを維持することが難しくなっても、賃貸住宅なら異なるエリア・異なる間取りの家に住み替えやすいのが一番のメリットです。

✔︎維持費がかからない

マイホームを購入すれば、毎年固定資産税がかかります。マンションであれば修繕積立金も必要です。家に不具合が生じれば修理代が必要になりますし、維持費としてリフォーム費用も見込んでおく必要があります。

賃貸住宅であればこれら維持費の心配は不要です。

✔︎家賃補助を得やすい

家賃補助の支給要件は勤務先の社内規定により異なりますが、賃貸住宅に住む場合、家賃を一定額補助してくれる企業が多いようです。

もともと社宅で暮らしている方であれば、住宅に関する費用負担はより少ないはず。

一方、マイホームを購入してしまうと、金銭的に補助してくれる企業は少ないため、マイホームの購入にはそれを頭に入れておく必要があります。

 

賃貸住宅のデメリット

 

✔︎老後も家賃を払い続けなければならない

リタイア後、年金生活になってからも家賃を払い続けることは、大きな負担となる可能性があり、十分な貯蓄がなければ、住環境のグレードダウンを受け入れなければなりません。

✔︎高齢者は賃貸物件を借りにくい

入居できるかどうかは物件のオーナーが最終判断を下しますが、高齢者という理由だけで、入居者審査で落ちてしまうケースが少なくありません。

「賃貸住宅だから気軽に住み替えできる」と思っていたのに引っ越せない、でも現役時代と同じ家賃を払うのは厳しいという、二重苦に陥る可能性があります。

 

✔︎カスタマイズがしづらい 

賃貸住宅の場合、退去時にもとの状態に戻すことが大前提です。

壁や床に傷をつけないよう、気を付けながら生活する必要があります。

ここに棚を設置したら便利だなーと思っても、勝手に設置することはできません。

賃貸住宅は、マイホームと比べて、住み心地を高めるための工夫がしづらい環境にあると言えるでしょう。

 

マイホーム 新築 新築一戸建て ヴィンテージ 賃貸 家 内観 インテリア

マイホームを購入するメリット

 

✔︎ローンを完済すればあとは楽チン

ローンを完済すれば「持ち家」となり、維持費の負担のみで暮らし続けられます。

老後に住む場所の心配をしなくても良ければ、心にゆとりをもてますよね。

また、子世代に資産として家を残すこともできますし、残す人がいない場合も、売却すればまとまった資金を手にすることができます。

✔︎住み心地抜群!

「住まいのデザインや間取りにこだわり、住み心地を高めやすい」のも、やはりマイホームです。賃貸住宅のように、退去時に原状回復をする必要がなく、好みの壁紙を貼ったり、気になる設備を取り入れたり、収納量を充実させたりと自由自在!また、リノベーションにより一部分だけを変えることも可能です。

 

✔︎2020年低金利状態である今を狙おう
さらに、マイホームを購入する方のほとんどが住宅ローンを使用します。

2020年現在、住宅ローンは史上最低と言われる低金利状態。

マイホームの購入をお考えの方はお得度が高い今、購入されるといいかもしれません。

マイホームを購入するデメリット

 

✔︎住宅ローン返済のストレス

契約時の環境で定めた金額での住宅ローン返済が続くため、もしリストラや倒産による想定外の収入減や病気など不測の事態が生じても、基本的には住宅ローンの返済を続ける必要があります。(住宅ローンに付帯する団信(団体信用生命保険)や特約の保障内容によって、カバーできる可能性もあります。)

✔︎自身の環境の変化に対応しづらい

「転勤が決まってしまった」「子どもが独立して今の家は広すぎる」といった事態になっても、簡単に住み替えをすることができません。賃貸に出すか、売却することになりますが、希望額で運用や売却ができるかどうかは分かりません。予想外の状況を考え、借り手や売り手が付きやすい物件なのかどうか、冷静に判断した上で購入した方がいいかもしれません。

 

若いうちは「賃貸」老後を思うと「マイホーム」がベスト?

若いうちは環境が変わっても引越しのし易い「賃貸」、老後のことを考えると「マイホーム」がいいのでは、という意見もあります。

賃貸は、家計のピンチなどに引越しで対応できるので、気楽に暮らせる点がメリット。

一方、購入は最初に費用がかかるものの、ローン返済終了後の住居費が少なくて済み、老後を「マイホーム」で安心して暮らせる点がメリットです。

 

マイホーム 新築 新築一戸建て ヴィンテージ 賃貸 家 内観 インテリア

 

マイホーム購入を考えるのはどんなとき?

 

マイホーム購入のきっかけはさまざまです。みなさんどのようなタイミングでマイホームを購入されたのでしょうか。

 

Aさん:結婚をきっかけに

結婚のタイミングでマイホームを買いました。 共働きなので、夫婦で支払う住宅ローンにして体制を整えました。 どうせいつか一戸建てに住むのであれば早いうちにという思いもありました。

 

Bさん:出産を控えていた時に

家族がひとり増えて新しい部屋が必要になりました。

将来を見据えて子どもが歩けるようになる前に落ち着いて住める場所があればいいなと思い購入を決意しました。

 

Cさん:子供が保育園に入園するときに

出産前のバタバタしていた時期に比べて少し時間にも気持ち的にも余裕が出来るので。

比較的動きやすいこの時期に相談しながらどんな家にするか決めていきました。

 

Dさん:親と同居生活がスタートするにあたって

親との同居生活を始めることがきっかけです。将来的に親の面倒を見る環境を作る上で、お互いにストレスのない空間を親と一緒に作りたかったので。

勇気を持って決断したお陰で満足のいく二世帯住宅にできました。

 

なるほど。

みなさんそれぞれのベストなタイミングで購入されたのですね。

マイホーム購入はいつがいいの?と迷われている方もいるかと思いますが、結局最後は自分の価値観です。

 

生涯の金額はいくら?マイホームと賃貸の50年間の維持費を比較

 

●賃貸

設定:住んでから5年目までは家賃月額8万円で設定し、その後子どもが生まれたため広い部屋に引っ越す想定。子供の成長も考え19年間月12万円の賃貸。

それから50年目までは、夫婦のみで暮らすため8万円の賃貸に引っ越しした場合

この場合の賃貸総住宅費 6,910万円(※諸費用を含む)

 

●マイホーム

設定:3000万円の新築を購入。頭金は100万円で残りは住宅ローンで支払いに。

その他費用に関しては、住宅ローンの返済期間を35年に設定。固定資産税・維持費は年15万円を想定。 

この場合の持ち家総住宅費 4,430万円(※諸費用を含む)

 

上記の比較だと、新築の方が賃貸よりも2,480万円安くなることになりますね!

もちろん物件価格、住宅ローン金利、家賃の差はあるので一概には言えませんが、一つの基準として参考にされてみて下さい。

 

マイホーム 新築 新築一戸建て 家 外観

 

 

ライフスタイルの為に家を選ぼう!

あなたが望むライフスタイル、それがわかれば、賃貸か一戸建てか、どちらが自分にとっていいのか、自然と答えが出るはずです。

 

○ ライフスタイルを考える→家を考える この順番です。

× 家を建てる→ライフスタイルを考える こういう方が最近は多いのではないでしょうか?

 

あくまであなたのライフスタイルがあって、そのために家を選ぶということ。

なぜなら家はあなたの人生の責任をとってくれるわけではないからです。

旅行が趣味で、色んな場所に住みたい!という方なら、場所にとらわれない仕事を選び、数年ごとにお引越しするプランを立てた方が楽しい人生を送れますよね。

 

家 街並み

 

もしかしたら、新築一戸建てを検討していたのに、賃貸になるかもしれない。

でもライフスタイルから考えて、そうなったらそれが正解ですよね。

逆に、子どもたちと落ち着いて大きな家でゆったり生活するのがたまらなく幸せ、という方も最近増えつつあります。

そういう方は一軒家を選ぶべきですよね。

結局は自分の中にしか答えがないということ!それは家選びだけではなくて人生の全てにおいて言えることではないでしょうか。

なんだか話が膨大になってしまいましたね。少しでも参考になれば嬉しいです。

すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する