あなたの家は大丈夫?知らないと怖い「シックハウス症候群」

みなさん、「シックハウス症候群」って聞いたことありますか?

昔と違い、最近の家には化学物質がたくさん使われています。

これは家の耐久性を高めたり、住まいを快適にするためのものなのですが、逆にこうした化学物質に下方に反応して体調に影響してしまう人がいます。これを「シックハウス症候群」と呼びます。

同じような言葉で「シックビル症候群(シックビルディング症候群)」というものがあります。

これはビルの中にいる人の 多くが、同時期にからだの不調を訴える現象で、欧米諸国では、1980 年代に大きな社会問題となりました。

省エネルギー対策の観点から、空調システムの運転が抑制されたため換気が不足し、室内空気が汚染されたこと が原因の一つと言われています。「シックハウス症候群」は、「シックビル症候群」から転じた和製造語です。

 

シックハウス症候群とは

 

原因不明の体調不良、実は住んでいる家が原因だったなんてことも多いんだそうですよ。

家や会社などの室内環境から離れると 症状が軽くなったり消えたりするのに、同じところに戻ると同じ症状が起こるといった場合、 室内環境に原因があるので注意が必要です。

 

 

シックハウス マイホーム 家

 

 

シックハウス症候群の症状

 

シックハウス症候群の症状はどのようなものがあるのでしょうか?

 

✔︎目がチカチカする

✔︎咳が出る

✔︎のどの乾燥や痛み

✔︎気管がゼイゼイと音を出す

✔︎鼻水が出る

✔︎頭痛がする

✔︎めまいや吐き気

✔︎嘔吐

✔︎湿疹や肌にかゆみがある

✔︎目のかゆみ

 

みなさまは当てはまりましたか?

「シック」とは英語で病気、「ハウス」は家という意味。「症候群」は症状が出ていても、その原因がはっきりと分からなかったり、複数の原因が複雑に絡んでいることが考えられる病気として付けられる名前です。

特に赤ちゃんは化学物質に敏感で、化学物質を大人の2倍吸収すると言われています。

赤ちゃんや主婦は在宅する時間が長いため、シックハウス症候群になりやすい傾向にあるんです。

 

 

 

シックハウス マイホーム 家

 

 

 

なぜシックハウス症候群は昔に比べて増えたの?


近年、シックハウス症候群を発症する人が増えた背景には、室内に原因物質である化学物質が増えてしまったこと、室内の気密性が高まったことなどが考えられています。

昔の日本の家は屋根に草や瓦、壁には土や漆喰、床には畳というように、自然のものだけをバランスよく使用されていました。

それに比べて現在の住宅は、コストなどを優先するために、断熱材にグラスウール、外壁に化学ボード、床には複合フローリングなどが取り入れられるようになっていったのです。

低コストで性能が上がったようにも見えますが、シックハウス症候群を引き起こす原因物質が増えてしまい、さらに気密性が高くなったことから原因物質が外に逃げにくい環境を作り出しています。

 

シックハウス症候群の原因

シックハウス症候群の原因として、考えられるのは化学物質などによる室内空気汚染です。

シックハウス症候群を引き起こす原因と考えられているものを詳しくみていきましょう。

 

 

●環境

  • 新築したての住宅(戸建てやマンションなどの建築物)
  • 店舗やオフィスなどの建築物

 

●もの

  • 家具
  • 天井
  • ダニやカビ
  • 石油ストーブやガスストーブ

 

●※揮発性有機化合物などの化学物質

※揮発性有機化合物とは「揮発する有機化合物」のことで、接着剤や塗料などに使用されている物質です。

  • ホルムアルデヒド
  • トルエン
  • バラジクロロベンゼン
  • アセトアルデヒド
  • キシレン

 

 

住宅建材の工業化が進み化学物質が多く使われるようになったこと、住宅の気密化が進んだことなどがシックハウスの背景にあります。

建材などに使われている化学物質のほか、家具やカーペット、衣類用防虫剤や殺虫剤、シロアリ駆除の薬剤なども原因と言われています。

また、石油ストーブやガスストーブからの一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物なども汚染物質のひとつとなっているんです。

ダニやカビ、たばこの煙が原因になることも知っておきましょう。

住宅の高気密化が進んだことで室内の空気汚染が起こりやすくなったのも、シックハウス症候群を引き起こす背景と言われています。

なお、同じ部屋にいても症状がまったく出ない人もいますし、症状が出てもその程度はさまざまです。

個人差が大きなことも特徴ですが、家の状態があまりにも悪いと多かれ少なかれほとんどの人が何らかの不快感を感じてしまいます。

 

 

 

シックハウス マイホーム 家

 

シックハウス対策と建築基準法

 

2003年7月1日の建築基準法改正によりシックハウス対策が義務付けられました

シックハウス症候群を防ぐため、有害な化学物質の使用制限や使用禁止としています。

規制されている化学物質は、大きく分けるとホルムアルデヒドとクロルピリホスの2種類。

とくに害虫駆除で使用されるクロルピリホスの規制は厳しく、添加されている建材を建築物に使用することは禁止とされました。

よく耳にする「ホルムアルデヒド」はあくまで規制対象になっているだけで、今でも合板やパーティクルボードなどの接着剤として使われているのが現状です。
法律で制限されている上記2つの科学物質以外にも、トルエンやキシレンなど人体に影響を及ぼす化学物質は他にも色々あります。

しかし、法律で厳しく制限されているわけではなく、使用を制限するかどうかは業者の判断にゆだねられているんだとか。

気密性の高い家が主流になった上に、化学物質を含んだ生活用品が増えた現代では、ハウスダストや有害物質が家の中に溜まりやすいのが現状。

換気やこまめな掃除など、日々の努力でシックハウス症候群のリスクを回避する方法もありますが、化学物質を含んだ建材や内装が発生源になっている場合、個人の努力で解決することは難しいですよね。

健康に生活していきたいと思うのであれば、家を設計する際に細部までこだわった家づくりを行うことが必要不可欠です。

そこで、健康的な住宅とはどういったものがあるのかをみていきましょう。

 

健康的な住宅の条件

健康のことを考えて家を建てるなら、建材1つひとつにこだわって科学物質を可能な限り抑える家を建てる必要があります。

シックハウス症候群を起こさないための予防法や対策はどういったものがあるのでしょうか。

 

シックハウス マイホーム 家

 

健康的な住宅の条件3つ

 

1. 住宅に使われる化学物質の量を抑えること

 

シックハウス症候群の対策として一番大切なのは、新築を建てるとき、家をリフォームするときの材料選び。

極力、化学物質を使わないようにすることで、シックハウス症候群の発症リスクを低くすることが可能になります

合板フローリングなどの合板にはどうしても接着剤が使われてしまうのが現状。

そこで、一枚板の無垢材を多く使用するなどして、使用する化学物質の量を抑えることが大切なポイントになります。

昔の家は確かに暑さ、寒さには弱かったのですが、シックハウス症候群などという問題が起こることはありませんでした。

天然の木材、壁には珪藻土や漆喰、家を建てる材料に自然素材がふんだんに使われていたため、人間の体に影響がなかったのです。

しかし、現在では、床は合板フローリング、壁や天井にはビニールクロスがほとんどの住宅に使用されています。

当然のことながら、化学物質に触れてしまう機会も増えてしまいます。

面倒な住宅ローンを組み、やっとの思いで完成した世界に一つだけのマイホーム。

でも、念願のマイホームが原因で家族が体調をくずしてしまってまでその家にすみ続けたいですか?

特に小さなお子さまや、アレルギー体質のお子さまをお持ちのご両親さまにとってシックハウスに住むということは、大きな問題になってしまいます。

そうなる前に、工務店や設計者とよく相談し、家を建てる材料に何をどのくらい使うのかをしっかりと設計していきましょうね。

 

 

2. こまめな換気を心掛けること

 

新築やリフォームしたての家は、どうしても化学物質の発散が多くなるため、こまめな換気を心掛けましょう。

窓を開けたり、換気扇を回しながら換気をすることもいいのですが、実は一定の箇所に化学物質が溜まることもあるのです。

なので、もし可能であれば扇風機などで室内の空気をかきまぜながら換気を行うようにして下さい。

また、寒気が入る、電気代がもったいないからといって、24時間換気システムを作動させていないご家庭も多いですが、24時間換気システムはシックハウス対策にはとても有効な方法。

常に作動させておくようにしておくのがベストです。

 

 

3. ベイクアウトを行うこと

 

シックハウスの原因になるホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどは揮発性有機化合物(VOC)と呼ばれ、熱で揮発し空中に拡散されます。

ベイクアウトとは、その性質を利用した方法で、人工的に部屋の温度を30~35度くらいに上げ、化学物質を揮発させては、換気を繰り返すという有効的な方法のことを言います。

有機化合物は家具などにも含まれるため、家具の引き出しやタンスのドア、シューズBOXなどを全て解放して行ってください。

 

 

まとめ

寒さや温度差、使用する材料や、大気汚染など、健康が侵される様々な原因に対して、丁寧に一つずつ解決し、健康が守られることが当たり前の家にすみ続けたいですよね。

そのためにも住宅を設計する際にはお伝えしたポイントを抑えた家づくりを心がけましょう。

 

マイホームの窓口は無料でお家づくりに関する相談を承っております。

広島県内のショッピングモールに店舗がございますので、ぜひお気軽にお越しください♪

 

 

 

■■お近くの店舗を探す■■

 

 

すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、
または
送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する