家づくりの鍵。見積書と契約書で気を付けるべき注意点

見積書・契約書が重要だということは分かっていても、どのような箇所をチェックすればいいか不安という声をよく聞きます。

重要な項目を分からないままにしてしまうと後から問題になってしまう場合があります。

ここでの判断が満足するための家にするための鍵を握っていると言っても過言ではありません。

家づくりの際のトラブルを防ぐためにもしっかりと把握しておきましょう。

 

 

見積書 契約書 マイホーム 家

 

 

見積書で気を付けるポイント

 

家の見積書は内容が細かく、その金額が高いのか安いのかということもわからないので、見積書の「総額の金額」しか見ない方がほとんどです。

総額の金額のみを見てしまうと、後から予算オーバーが発覚して、金額調整のために妥協しなければならなくなったり、トラブルに発展してしまう可能性が高くなります。

そうならないために気を付けるべき注意点をご紹介していきます。

まずは見積書を確認する際に、特に注意したいポイント3つをご紹介します。

 

 

見積書の注意点3つ

 

注意点1. 家具などの後でかかる金額も考えて計算すること

 

見積書の「概算」の金額は小さく見積もられていることがほとんど。

予算が現段階ではハッキリ算出されない項目の「概算」を注意して見ることが大切です。

「概算」とは、契約前では厳密に価格を算出できない部分のこと。

家は建ててみないとわからないことが多いので、余剰資金も少し多めに入れて計算した上で予算を決めましょう。

予算の中には家具などの、あとから買わないといけないものも含めて考えてたいですね。

また、見積もりはあくまで見積もりで決定金額ではないという点を頭に入れておきましょう。

予算がオーバーする可能性は十分にあるので、予算プラス臨時予算は300万くらいは取っておいて大丈夫です。

 

合計金額が2900万と3000万では、聞いた時の印象が変わってきますよね。

ほとんどの営業マンは、総額が小さく見える見積書を提示しがちなんです。

その結果、建てているうちに追加費用が多くなって、最終的な支払金額が見積もりより大幅に変わってきてしまいます。

また各社が考える「概算」は、一般的な数字が入っていることがほとんどです。

そのためご自身の趣味や配置したい家具などが、一般的な金額は同じであるかは断定できませんよね。

そこで、金額を算出する際には、担当者にご自身の予想金額を具体的に伝えることが重要です。

 

 

 

注意点2. 全体的にバランスの良い設計をすること

 

「良い家」というのは、その家に暮らす家族が心から満足できる家のこと。
もしそうでなければ、どんなに建物にお金をかけても不満の残る家になってしまいます。

先ほどもご説明したように、建築会社は建物にお金をかけるように話を持っていくことが多いです。

でも実は、建物だけではなくバランスの良い住宅に設計することが重要です。

例えば家庭菜園を楽しみたい人にとって、家にお金をかけてしまって外構面で費用が取れなかった場合、家にいるのは良いけど、やりたいことができない、なんてことになってしまいます。

そうなった場合、はたして満足のいく人生を送れるのでしょうか?

多くの人が誤解してしまいがちなのですが「家づくり=建物づくり」ということではないのです。
ご自身のやりたいことを明確にして、それを実現するために全体のバランスのとれたプランを立てることが大切になります。

 

 

 

注意点3. 値引き額に踊らされないこと

 

見積書には、全体からの値引き額が掲載されていることが多いですが、値引き額の大きさだけにとらわれてしまうのは非常に危険なこと。

各社、値引きは全体の利益からバランスを見て出しているため、値引率の大きさや、キャンペーンにあまり振り回されないようにすることが重要なポイントなのです。
なぜなら大事なことは予算内で自分のやりたい生活を叶える家づくりができるかどうかということあり、値引き額の大きさではないからです。

人間は「値引額」を見ると何だか得した気分になってしまいますが、自分には何が必要なのか、どういったことに価値を見出すのかということを明確にしましょう。

注文住宅の見積書は住宅ローンの事前審査を受けるためにの重要な書類の一つでもあります。
住宅ローンの総額が決まった時点で、家の総額も決まるようなもの。

ローンが決まってから予算がオーバーするとなると、後から調整しなければならなくなり、余計な問題が発生してしまうこともあります。

そうならないためにも、見積書を読む時には十分に気をつけてチェックしましょう。

 

契約書で気を付けるポイント

家を建てるプロセスもいよいよ大詰めとなる段階。

契約を交わした後では変更が難しかったり、可能でも追加費用や追加の工期がかかることが多いんです。

スムーズに契約をかわせるよう十分確認し、納得した上で契約書にサインしましょう。

 

 

見積書 契約書 マイホーム 家

 

 

 

契約の種類は?

 

契約書には3つの種類があります。

1. 土地購入時に交わす「土地売買契約」

2. 建築士事務所と契約する際の「建築設計・監理業務委託契約」

3. 住宅会社と建物工事に関して交わす「工事請負契約」

これらの契約書類は数が多く複雑な内容となっています。

そのため必要な書類がそろっているかどうか確認した上で、事前に書類のコピーをもらって自宅で隅々まで読んでおくことをオススメします。

また、疑問点がある場合は一つ一つを書き出しておき、契約前に担当者に確認しましょう。

 

 

契約書の注意点3つ

 

契約書を確認する際に、特に注意したいポイント3つをご紹介します。

 

 

見積書 契約書 マイホーム 家

 

 

注意点1. 完成日や引渡の期日が明記されているか確認すること

 

着工、竣工(完成日)、引渡の日付は遅れや延期は契約書を交わす上での大きなトラブルの一つです。

きちんと打ち合わせ通りに期日が明記されているかどうかを確認しておきましょう。

また、契約書には工事金額の支払い時期と金額が記載されているのでこれらも正しく記載されているかをチェックが必要です。

 

 

 

注意点2.間取りについて確認すること

 

注文住宅の場合、工事請負契約書を交わす前に建てる住宅を見たり、体験したりすることができませんよね。

そのため、立面図や平面図を見ながら説明を受け、間取りを考える必要がありますが、契約前に必ず希望の間取りになっていることを確認する必要があります

部屋の広さやドア・窓の位置など時間をかけて一部屋ずつチェックしていきましょう。

最近では、パースや3Dなどでよりわかりやすいプレゼンがされるようになりましたが、実際に完成すると「こうなっていたんだ」「思っていたのと違った」などのトラブルは、まだまだ多いんです。

契約後の間取りの変更は、契約金額に上乗せされる追加金額となる場合があり、資金計画にも大きく影響してしまいます。

 

 

 

注意点3. ローン特約条項が明記されているかをみること

 

住宅ローンの申込は一般的に契約時に行われますが、万一ローンが借りられなかった場合には契約を白紙に戻すことができる「ローン特約条項」があります。

気に入った不動産が見つかった場合、「欲しい」という気持ちが先走ってしまい、資金計画や売買契約書の見直しなどがおろそかになってしまうことがあります。

もちろん決断力も大切ですが、ローン特約を含む不動産売買契約は、契約する前に一度、冷静に契約書の条項や条件を慎重にチェックすることが大切です。

 

 

 

見積書 契約書 マイホーム 家

 

 

 

まとめ

 

今回は見積書や契約書を交わす際の注意点をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

もう少し詳しく聞きたい、まだちょっと不安があるという方は、ただいま無料でお家づくりに関する相談を承っております。

広島県内のショッピングモールに店舗がございますので、ぜひお気軽にお越しくださいね♪

 

 

 

 

■■お近くの店舗を探す■■

 

 

 

 

すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する