住宅保険ってどんな種類があるの?

ここ数年、日本では地震や台風、大雨による洪水など自然災害のニュースが多いですよね。

不安に感じつつも、住宅に関する保険の種類や補償内容がよくわからず、備えがきちんとできていないという人も多いのではないでしょうか?

例えば、東日本大震災では地震と津波により多くの家屋が罹災し、数年経った現在でも生活再建できず仮設住宅に入居している方がまだまだたくさんいるのが現状です。

その大きな原因のひとつとが資金不足。

このような大きな災害が起こったとき、国や自治体の支援には限界があるため、必要なサポートがなかなか受けらないのが現実なんです。

いざというとき、少しでも早く生活を再スタートさせるには、各世帯での対策が重要です。

自身や家族を守るためにも、住宅保険について知っておきましょう。

 

 

住宅保険 マイホーム 家

 

 

火災保険とはどんな保険?

火災保険とは損害保険の一種。

火災や落雷、風水害などの事故によって生じた建物や家財の損害を補償する保険のことを火災保険と言います。

「建物」とは建物本体やそれに付帯する門・塀・物置などのことで、「家財」とは建物の中にある家具や衣服などのことです。

家で出火を起こしてしまい、建物や家財が損害を受けた場合、さまざまな経済的ダメージを受けることになりますよね。

例えば家を建て直したり、家具をそろえ直したり、トータルの費用を考えるとかなりの金額がかかってしまいます。

火災保険は、そのような火災の経済的なリスクをカバーしてくれる心強い保険なのです。

 

【火災保険の補償内容】

 

  • 火災

火災により住宅が燃えてしまった時など

 

 

  • 落雷

雷が落ちて家電製品がショートした時など

 

 

  • 破裂・爆発

漏れたガスに引火して爆発が発生した時など

 

 

  • 風災・雹災・雪災

強風で窓ガラスが割れたり、割れた窓ガラスから雨が吹き込み家電製品が使えなくなった時など

 

 

  • 水濡れ

住宅の二階からの水漏れで部屋が水浸しになった、給排水設備の故障により部屋が水浸しになった時など

 

 

  • 水災

大雨で床上浸水してしまった時など

 

 

  • 盗難

泥棒に現金や家電製品を盗まれた、泥棒に鍵や窓ガラスを壊された時など

 

 

  • 騒擾・集団行為等にともなう暴力行為

労働争議に巻き込まれて家を壊された時など

 

 

  • 建物外部からの物体の落下や飛来、衝突

家に車で突っ込まれた、飛んできた野球ボールに窓ガラスを割られた時など

地震保険とはどんな保険?

地震保険は、その名前の通り地震による損害を補償してくれる保険のこと。

地震そのものによる損害はもちろんの事、噴火による損害、そしてこれらにともなう津波による損害(火災・損壊・埋没・流失など)も含めて幅広くサポートしてくれるので、地震大国の日本では安心できる保険の一つ。

そんな地震保険にはいくつかの特徴があります。代表的な特徴を3つご紹介しますね。

 

 

住宅保険 マイホーム 家

 

 

 

地震保険の特徴1. 火災保険とセットでないと加入できない

 

地震保険の一番の注意点は、基本的に火災保険に加入していなければ契約ができないということ。

火災保険は火災から風水災までの自然災害を補償する保険なのですが、地震による損害は補償されないのです。

いわば地震保険は、その火災保険の補償の穴をフォローする「特約」のような位置づけになっています。

「火災保険に入っているから地震が起きた時も対応してもらえる」と勘違いする方も多いのですが、火災保険には地震の時のサポートは含まれていません。

地震保険は単独で契約することはできず、加入するためには火災保険とセットで入る必要があります。

その理由を特徴2.でご説明します。

 

 

 

 

地震保険の特徴2. 「火災保険」のための「保険」

 

地震による損害額は非常に大きいため、地震保険を保険会社のみでは運営することができないんです。

政府が再保険(火災保険のための”保険”)を通じて関与し、保険会社が保険金を支払えなくなるリスクをカバーしています。

そのため、地震保険は公共性が高く、「半公的保険」とも呼ばれているんです。

 

 

 

 

 

特徴3. どの保険会社でも保険料と補償内容が同じ

 

特徴2. で、地震保険は政府が関与した“半公的保険”だとお伝えしました。

地震保険は”「保険会社の利益」が織り込まれていない保険”だということ。

そのため、通常の損害保険とは違い、支払う保険料や受けられる補償についてはどの保険会社でも一律に設定されているのです。

家財保険とはどんな保険?

家財保険の「家財」とは、引っ越すときに運び出すことのできる家具などのこと。

例えば、タンスや中の衣類、ベッドや寝具、机・本棚・本、家電製品などが家財と呼ばれます。

現金・小切手・有価証券、動植物、データ、自動車、高価な貴金属や書画骨董などは家財には含まれないのでご注意下さい。

また、建物や浴槽や調理台、ふすま、建物に取り付けてあるエアコンなども家財保険ではなく、火災保険がサポートしてくれます。

 

 

 

家財はどんなときに補償される?

 

家財は、具体的にどのようなときに補償されるのでしょうか。
建物を補償対象とする火災保険と同じく、火災や水災、風災などの自然災害や日常生活のトラブル等で、家財に損害が生じた場合に補償されます。
「家財」は、すべて数え上げてそれらをもう一度購入する金額を考えると、かなりの高額になりますよね。

たとえば、近くの電柱に落雷があり迷走電流でパソコンが壊れた、掃除機をぶつけて家具を壊したなどという、日常生活で起こりがちなトラブルによる損害についても補償してくれます。

 

 

住宅保険 マイホーム 家

 

 

【家財保険の補償内容】

 

  • 火災・落雷・破裂・爆発

火災、落雷、破裂・爆発の補償は、万が一の火災で家財が焼失してしまったり、損害を受けた場合や、落雷などの影響で家財が破損したり、電化製品が壊れた場合にサポートしてくれます。

 

 

 

  • 風災、雹災、雪災

台風の際に家の窓ガラスが割れてしまって家財が損害を受けたり、雹の影響で家財が損害を受けた場合に保険金を受け取ることが可能です。

 

 

 

  • 水濡れ

住宅の二階から水が漏れてきて、その影響で家財が水に濡れて損害を受けてしまった場合にサポートしてくれます。

 

 

 

  • 盗難

盗難の補償は、泥棒によって家財が盗まれてしまった場合や、現金の盗難にあった場合などに、保険金を受け取れます。

(※現金や小切手の盗難に関しては保険会社によって上限が設けられている保険商品もあります)

 

 

 

  • 水災

大雨や洪水で床上浸水してしまい、家財が損害を受けてしまった場合に保険金を受け取れます。

 

 

 

  • 破損、汚損

模様替えの際に机を家電にぶつけてしまって家電を壊してしまった場合や、飲み物をこぼしてしまいPCを壊してしまった場合にも保険金を受け取ることができるんです。

(※これらの補償内容は一般的なもので、保険商品によっても変わります)

 

 

 

豆知識▷自転車が盗難に遭った場合は?

 

 

火災や自然災害の被害に遭うことはあまり頻繁に起こることではないですが、自転車や原付バイクが盗難に遭うことは、日常的に起こり得るのではないでしょうか。

実は、自転車や原付バイクは建物内にあるときは保険の対象に含まれるのです。

そのため盗難の補償を付けている場合だと、自宅に置いてある自転車等が盗難に遭った場合も保険金を受け取ることができます。

ただ、駅前の自転車置き場など敷地外に置いてある自転車等が盗難に遭った場合は、補償の対象にはならないので注意が必要です。

 

 

住宅保険 マイホーム 家

 

火災や災害に見舞われると、ほとんどの場合、建物だけでなく、中の家財も被害を受けてしまいますよね。

消火の水をかぶって家電製品が壊れたり、すすけた匂いが染みついたりすると衣類が使い物にならなくなってしまいます。

これらを全て買い替えるとなるとかなりの金額になってしまいますよね。

また、家に住めなくなって仮住まいをするにも家具や衣食住に必要なものを揃える必要があります。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、「火災保険」「地震保険」「家財保険」についてご説明しました。

心に余裕を持って生活するためにも保険について基礎的な知識を身に付け、家族みんなが安心できる生活を手に入れましょう。

もう少し詳しく聞きたい、まだちょっと不安があるという方は、ただいま無料でお家づくりに関する相談を承っております。

広島県内のショッピングモールに店舗がございますので、ぜひお気軽にお越しくださいね♪

 

 

■■お近くの店舗を探す■■

 

 

 

すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する