「和モダン」の家とは?

注文住宅は住居者の方の好みに合わせたデザインテイストにすることが可能です。

最近の住まいは洋風の家が主流ですが、和風とモダンな雰囲気を両方取り入れた注文住宅を建てる方も増えています。

日本人として、心が落ち着く和室や和のテイストも取り入れたいと思う方も多いんだそうです。

そこで今回は、洋風テイストの家であっても、上手に和を取り入れる「和モダン」の住まいをご紹介します。

 

 

和モダン マイホーム 家

 

 

 

 

「和モダン住宅」のメリット

 

近年では和の魅力がつまった空間が見直され、再び住まいに取り入れようという流れが加速しているんです。

そんな日本の気候風土にぴったりの「和モダン」な住宅のメリットをご紹介します。

 

 

  • 周りの家との差別化に向いている

 

「洋風な家」「和風な家」はっきりと別れている住宅はたくさんありますよね。

「和」と「洋」を組み合わせた「和モダン」な住宅はスタイリッシュで新しい住宅のタイプと言えます。

もちろん、家全体を和風に統一することもできますが、洋風建築の中に違和感のないおしゃれな和の空間を設けることにより一味違った個性的な雰囲気になります。

 

 

 

  • 日本の気候に合わせた調湿機能

「和」を取り入れた家は、日本の気候に合わせた建築方式が採用されています。

和室には木材がふんだんに使われており、その木材には空気中の湿気を吸収したり排出したりする機能があるんです。

これにより、自然に部屋の湿度を調湿してくれます。

その他にも、和室に使われる畳や土壁なども同様の調湿機能を持っているので、夏は湿気が多く、冬は空気が乾燥しがちな日本の気候に適した造りとなっています。

 

 

 

  • 防音効果

和室の床材となる畳は、素材の中に空気が多く含まれています。

そのため、他の床材と比べると比較的弾力性があり、音を吸収してくれる防音効果があるのです。

小さいお子様がいるご家庭は「子どもがバタバタと遊びまわって、他の部屋にまでその音が響いてしまう」というお悩みの方も多いですが、子どもの遊び場として畳のある和室を取り入れてみるのもオススメです。

 

 

 

  • 独特の癒しの効果

住宅に「和」のテイストを取り入れることによって、味わいのある住宅になります。

壁に土壁を使うことによって手触りの感覚だけではなく、見た目もどこか優しい雰囲気の空間を作ることができます。

襖や障子なども、見た目が美しく落ち着いた雰囲気を味わえますね。

最近では海外にも「わびさび」の言葉が広まり、和のテイストを取り入れる若い世代が増えているんだそうです。

和テイストがあることで、心を落ち着ける効果が期待されているんですね。

畳の原料であるイグサが持つ成分「フィトンチッド」が、森林浴と同様の効果を発揮することも、心を落ち着かせる要因の一つとなっています。

 

 

 

和モダン マイホーム 家

 

 

 

和を取り入れた住宅には、このように様々なメリットがあるんです。

お伝えしたメリットの他にも、抗菌作用や温度・湿度をコントロールする機能もあり、歩いても、横になっても快適な肌触りを実感できます。

和室に使われるふすまや畳、障子、土壁といった建材は、天然素材だけに傷みやすいというデメリットもありますが、最近では傷みに強いものもありますので、小さなお子さんやペットがいるご家庭にもオススメです。

精神的な落ち着きだけではなく、快適な空間をつくり出すことができる和テイストの空間。

「古くなっても落ち着ける家が欲しい」「長くすみ続ける上で住みやすい家にしたい」という方はぜひ「和モダン」の家をご検討されてはいかがでしょうか。

 

和モダンの部屋を作るには?

「和モダンの部屋を実現するためにはどうすればいいの?」という疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、和のテイストを取り入れた和モダンの部屋を実現するためには具体的にどうすればいいのかをご紹介していきます。

 

 

 

1. 和風な素材・色を取り入れる

 

和紙やタタミ、伝統的な色合い(低彩色の藍色や鶯色など)のクロスを採用するなど、素材と色合いを工夫してインテリアに取り入れてみるだけで、和の雰囲気を味わうことができます。

例えばカーテンやロールスクリーンを和紙素材のプリーツスクリーンにしたり、和柄をモチーフにしたものを採用してみましょう。

外観が洋風だからといって、内装もすべて洋風にする必要はないですよね。

例えば外観は近代的な建物でも、内装は和室、和テイストをメインとしている旅館などもよく見かけますが、オリジナリティがあるので一味違った空間を作ることができます。

 

 

 

2. さりげなくタタミを取り入れる

床はフローリングをメインにして、リビングの一角に畳コーナーを作ることもオススメです。

モダン部屋に和の空間を少し取り入れてみると、それだけでスタイリッシュにまとまります。

「フローリングに直接寝転がりたくはないけど、畳の上ならいいかな」と思うのは日本人特有の感覚かもしれません。やはり畳の感触は落ち着きますよね。

しかも和室を別室に設計するよりも手間やコストをかけずに、和のテイストを取入れることができるのも魅力的ですよね。

 

 

 

. 洋風テイストを取入れた和室

 

先ほどとは逆で、和室の収納内部や床の間の天井などを花柄クロスにするなど、洋風のデザインで遊び心をプラスするのもオススメです。

和室は元々自然素材の集合なので、木や花など自然界にあるボタニカル素材との相性もバッチリです。

 

 

 

 

. リビングに掘りこたつを採用

 

昔ながらの日本の家に多く採用されて掘りごたつ。

最近、再び注目を浴びているんです。

掘りごたつは椅子に腰かけるように座れるため疲れません。また、夏はコタツ布団を外せばよいだけですし、掘りごたつの机を動かして足を下ろすスペースに畳をかぶせると広々とした和室として使うことができます。

リラックスして、家族団らんの時間を楽しむことができますね。

 

 

 

 

. インテリアとして和のアイテムを取入れる

 

和風建築でよく見られる格子建具を部屋の仕切りに採用したり、欄間をインテリアとして採用するのもオススメです。

固定概念に縛られず、和ダンスや和風の飾り棚に壺や流行の盆栽を飾って、洋室のインテリアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

失敗しない方法としては、部屋全体で多色づかいせず、色調に統一感を持たせると和と洋の融合することによって違和感なく演出することができます。

 

 

 

和モダン マイホーム 家

 

 

洋風建築で注文住宅をつくりたいと考えている段階では、和室をつくるか否かという選択肢で迷っているかたが多いかもしれません。

和室を設計することももちろんいいですが、和のテイストを取り入れる方法はたくさんあります。

せっかくの注文住宅ですから、ご家族の嗜好に合った「和」を取り込んでみてはいかがですか?

イメージがわかないけどアイディアが欲しい場合は、専門家に相談してみて下さい。

 

マイホームの窓口では、ただいま無料でお家づくりに関する相談を承っております。

広島県内のショッピングモールに店舗がございますので、ぜひお気軽にお越しくださいね♪

 

 

 

■■お近くの店舗を探す■■

 

 

また、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として
『マイホームの窓口オンライン相談窓口』サービスをリリースいたします。
ご自宅でも気軽に家づくりに関してのご相談・ライフプランを

ご相談いただけるよう、オンラインチャット(PC/スマートフォン)にて弊社スタッフと接続し、

画面上にて、スタッフと対面でお話いただくことが可能です。


下記リンクよりご希望のご相談日時・オンライン接続を行うデバイス(PC/スマホ など)を

ご選択いただき、Webよりご予約ください。スタッフより改めてご連絡させていただきます。


オンライン相談窓口のご予約はこちらから>>

すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する