住み心地のよさは「照明」によるって本当?

お部屋をおしゃれな印象にする第一歩は照明といっても過言ではないのではないでしょうか。

住宅は「照明」でその雰囲気が大きく変わってきます。

照明選びを考える時、どんなのが良いか迷ってしまうという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、お部屋別に照明の種類や特長をご紹介します。

照明選びの参考にしてみて下さいね。

 

照明 マイホーム 家

 

「照明」の3つの種類

照明器具は大きく分けて、蛍光灯・白熱灯・LEDの3種類に分けられます

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

 

 

●蛍光灯

 

蛍光灯はランプの内部で放電電子が水銀電子に衝突することによって発光する仕組みになっています。

一般住宅やオフィスを始め多くの場所で使われていますよね。

蛍光灯の特徴とは寿命が長く、ランプ効率がいいというメリットがあり、価格も比較的安いことが人気の秘密です。

 

 

 

 

●白熱灯

 

白熱灯は古くからある照明器具で比較的安価で手に入ります。

それもあって、一昔前は非常に多くの場所で使われていました。

しかし、寿命が短くランプ効率も悪いことから、現在ではあまり使われなくなりました。

 

 

 

 

●LEDランプ

 

現在主流となりつつあるのがLEDランプ。

発光ダイオードとも呼ばれ、ランプ効率、寿命ともに蛍光灯よりも優れていることが人気を集める理由です。

価格は少し高価格ですが、それに見合ったメリットがあるのでオススメです。

 

照明 マイホーム 家

照明の色の種類

照明の色も、3種類に分けることができます。色の特徴についても見ていきましょう。

 

 

 

【電球色】オレンジがかった白色

 

電球色とは、オレンジ色と赤みがかった光が特徴で、柔らかく暖かい雰囲気が出ます。

その為、寝室の電気は電球色を使うとリラックスした状態で、心地よく眠りにつくことができるんです。

トイレや洗面所に設置するには、少し暗すぎると感じる場合があります。

 

 

▷「電球色」はダイニング・食卓に適している

 

楽しくおいしく食事するのもくつろぎの時間の一つですよね。

この場所も安らぐ効果のある「電球色」を付けると温かみのある雰囲気になります。

さらに、作った料理をさらに美味しくみせることができるんです。

料理の撮影は「電球色」の下で撮影されることが多いんだそうですよ。

野菜やソースなどの赤みを引き立たせ、より食欲をそそりますね。

 

 

 

 

【昼光色】少し青みがかった白色

 

昼光色とは、青みがかった光が特徴です。真昼間のような明るさなので、三色の中で一番強く光を感じるかもしれません。

部屋全体をはっきりと見せる効果があります。

脳が活性化されルため、集中して物事に取り組みやすくなるという特徴があります。

最近では、青色の街灯を見かけると思いますが、あれは人を冷静にさせ、犯罪抑止効果があるんだとか。

 

 

▷「昼光色」は子供部屋・書斎に適している

子供が勉強する場所には、集中力を引き出す効果がある、昼白色がオススメ。

文字もはっきり見えて、内容が覚えやすくなるんだそうですよ。

 

 

 

 

昼白色】太陽からの日差しのような白色

 

昼白色とは、明るすぎず暗すぎず、まんべんなく部屋を灯してくれるのが特徴です。

太陽光に近いさわやかな光が特徴なので、どの色にするか迷った際は、昼白色にされる方も多いです。

 

 

▷「昼白色」はリビングに適している

家族が集まり、一番長く一緒にくつろぐ場所。

テレビを見たり、本を読んだり、話したりと様々な家族のシーンを照らしてくれるには、明るすぎず暗すぎずまんべんなく部屋を灯してくれる「昼白色」の色がオススメです。

 

 

 

年齢に合わせて変えてみよう!

 

細かな作業において、20代と60代では、必要な明かりの強さは2~3倍も違うと言われています。

高齢者が過ごす空間は、若い年齢の方と比べて局所的に明るさが必要となるので、年齢に応じて照明の種類を変えることをオススメします。

また廊下や階段などにも、安全に歩行ができるように、足元の照明をプラスすると安心できますね。

 

 

照明 マイホーム 家

 

 

間接照明の効果

お洒落なお店やお家には絶対あると言っても過言ではない、“間接照明”。

間接照明について詳しくご説明します。

 

そもそも間接照明とは?

 

間接照明とは、照明器具から直接照らすのではなく、建物の天井や壁ほのか、家具などに反射させた光で明るさを得る照明の手法。

たとえば、ペンダントライトでダイニングテーブルを照らす場合は直接型の光ですが、一方で光源は見えないけれど、壁が明るく光っている、という「間接的な光」が間接照明の特徴です。

 

間接照明の嬉しい効果

間接照明は、実は様々な効果が期待できるんです。

 

 

 

効果1. リラックス効果

 

間接照明は、まぶしく光る光源が見えないため、やわらかく反射した光が目に入ります。

部屋全体が明る過ぎたり、パソコンやスマートフォンなどの白い光を目に入れ過ぎると覚醒してして眠れなくなってしまった、という経験のある方も多いのではないでしょうか。

京都大学とパナソニックが共同で行った研究によると、就寝前に浴びる光の明るさや色は眠りの質を左右する事が証明されたんです。

逆に、キャンドルのような少し赤みがかった橙色の明かりに包まれると眠りは深くなるんだとか。

睡眠中は無防備であるため真っ暗な状態より、わずかな明かりの元で安心するのは昔からの人間の本能なので、寝室にはリラックス効果のある「間接照明」がぴったりですね。

 

 

 

 

効果2.部屋を広く立体的に見せる効果

 

間接照明からの光のグラデーションは、陰影を作り出すので落ち着いたシックな空間になります。

また、部屋の奥の壁や天井を照らすことで、奥行きが感じられて部屋を広く見せる効果もあるんです。

鏡や家具を後ろから照らしたり、凹凸のある素材を照らしたりする間接照明なら立体的に見せる効果もあります。

間接照明でお部屋に立体感ができるとお部屋が広く感じられますよね。
ペタンとした平面よりも、立体的に見える方が印象的で、おしゃれな雰囲気が出ます。

 

 

 

 

効果3. 女性ホルモンの分泌を促す

 

間接照明によって気分を落ち着けると眠りは深くなるとお伝えしましたが、それにより自律神経が整うため、女性ホルモンも正常に分泌されるようになると言われています。

女性にとって就寝前に柔らかな間接照明を浴び、深く眠る事はホルモンバランスの面でもとても重要なんだそうですよ。

 

 

照明 マイホーム 家

 

 

まとめ

 

戸建ての照明は、ライフスタイルやそのスペースでの過ごし方に合わせた選び方がベストです。 

デザイン性や利便性以外にも、部屋に合った明るさやメンテナンスや交換のしやすさなどにも注意しながら照明の配置や種類を選び、戸建ての照明プランを考えましょう!

マイホームの窓口では、ただいま無料でお家づくりに関する相談を承っております。

広島県内のショッピングモールに店舗がございますので、ぜひお気軽にお越しくださいね♪

 キッズスペースもご用意しておりますので、安心してゆっくりとお話いただけます。

 

 

 

■■お近くの店舗を探す■■

 

 

また、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として
『マイホームの窓口オンライン相談窓口』サービスをリリースいたします。
ご自宅でも気軽に家づくりに関してのご相談・ライフプランを

ご相談いただけるよう、オンラインチャット(PC/スマートフォン)にて弊社スタッフと接続し、

画面上にて、スタッフと対面でお話いただくことが可能です。


下記リンクよりご希望のご相談日時・オンライン接続を行うデバイス(PC/スマホ など)を

ご選択いただき、Webよりご予約ください。スタッフより改めてご連絡させていただきます。

 

 


オンライン相談窓口のご予約はこちらから>>

すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する