「建築条件付き」のメリット・デメリット

新築一戸建てを設計している際、「建築条件付き土地」を目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

今回は、「通常の土地と建築条件付き土地の違い」「建売住宅や注文住宅の新築一戸建てを買うのとどちらがいいか」などについてご説明します。

 

 

建築条件付き マイホーム 家

 

 

建築条件付き土地とはどんな土地?

建築条件付き土地の「条件」とは一体どんなことがあるのでしょうか。

建築条件付き土地は一般的に、

  • 土地の売買契約後、一定期間内に建築請負契約を結ぶということ
  • 建築会社は土地の売主、もしくは売主が指定する会社とするということ

上記が条件となっています。

通常、土地を購入すれば、その土地に自分の好きなデザインの外観の家を建てますよね。

結婚前であれば「結婚後に家を建てたい」などの建築時期も、通常なら自分で決められます。

ただ、この建築条件付土地の場合は、売主(不動産会社)が「自分の会社で家を建てることを前提に、この土地をお売りしますよ!」というもの。

そのため、購入した土地の上に建てる建物に対しては提示された条件を守らなければなりません。

つまり、ゼロから自分で決められる「注文住宅」とは違い、あらかじめ建設会社と建築時期が決まっている点が、「建築条件付土地」の特徴となります。

また、ハウスメーカーや建築会社が販売している土地が「建築条件付き土地」とされていることが多く、建築請負契約締結までの期限は、土地の売買契約締結日を起算日として、そこから「3カ月以内」であるケースが多いです。

建築条件付き土地の売買方法は「売り建て」とも呼ばれています。

建築済みの家を土地と合わせて購入する「建売り」と表現が似ていますが、全く違う意味なので間違わないように注意が必要です。

 

 

建築条件付き マイホーム 家

 

 

【建築条件付き土地のメリット】

 

何かと条件がある「建築条件付き土地」には、実は意外なメリットがあるんです。

一つずつみて行きましょう。

 

 

 

  • 建築条件付きでない土地に比べて、割安なケースが多い

通常の土地の売買では、土地を売る側は一定以上の利益を出す必要があります。

しかし建築条件付き土地の場合だと、家を建てることによって得られる利益がそれに上乗せされるため、一般的な土地を買うよりも安い価格で購入できるケースがあるんです。

建物と土地をバラバラに購入した場合だと、それぞれの業者が利益を乗せすることになります。

しかしこれが同一業者である場合「土地の分と建物の分を合わせた売却額で利益が出せればそれでいい」という傾向にあるんです。

これは一番大きいメリットと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

  • 間取りや内装をある程度は自由に決めることができる

中には、自由設計を売りにした建築条件付き土地があるんです。

この場合は建築会社の指定はあるものの、間取りの指定はありません。

そのため、建売住宅の新築一戸建てとは異なり、自分の家族構成や生活スタイルに合わせて間取りをある程度自由に設計することが可能になります。
注文住宅のようなデザイン性の高い住宅や、特殊な部材が使えないということはありますが、指定の建設会社が対応できる範囲内でしたら好きなデザインの住宅にすることが可能だという点を覚えておきましょう。

 

 

 

  • 建築条件なしの土地よりも物件を探しやすい

注文住宅を建てたくても土地を持っていない人ならば、まず土地探しから始めなければいけません。

しかし、土地を探してみた人ならお分かりかと思いますが、希望する土地を見つけるのはそんなに簡単ではありませんよね。

郊外の住宅地や地方であればまだ見つけやすいことも多いですが、都市部で注文住宅を建てるのに適した土地を適切な価格(相場と大きく開きの無い価格)で見つけるには相当な時間を要することもあります。

しかし、建築条件付き土地を検討対象とした途端に選択肢が増えるということは想像がつきますよね。

不動産会社が土地を仕入れた場合、更地で転売するよりは建物の売買や建築でも利益を求めるのは自然なことですから、土地だけで売ってもらえないことは多いんです。

土地を探しているけどいい希望の条件に合う土地が見つからない、という方は建築条件付き土地も視野に入れて探してみてはいかがでしょうか。

 

 

建築条件付き マイホーム 家

 

 

【建築条件付き土地のデメリット】

 

 

  • 「世界に一つだけの家」を建てたい方には向かない

建築条件付き土地の一番大きなデメリットは、「注文住宅の新築一戸建てのように、自由自在に住宅を設計できるわけではない」ということ。
前述の通り、「建築条件付き土地」では、指定の建設会社によって設計や施工が行われます。

そのため、「地下にワインセラーを作りたい」などといった特殊な希望には応じてもらえないケースがほとんどです。「この設計士に依頼したい」という希望も通りません。
内装や外観のデザインについても、基本の部材の中から選ぶ形がほとんど。

すべてを自由に決められるという訳ではなく、「標準仕様の中から好きなものを選べる」という程度だと考えておいた方が良いです。

ただ「部屋数を多く作りたい」「収納スペースをたくさん作りたい」「和室が欲しい」など、一般的な間取りの要望に関してはある程度希望に合った設計が可能なことが多いです。

 

 

 

  • 3ヶ月以内に設計しないと行けない

建築条件付きの条件のひとつである、「一定の期間内」という条件があることも忘れないようにしましょう。

多くの場合は土地の契約から3カ月以内に設計を決定する必要があるため、ゆっくり相談しながら間取りを設計したいという方にとっては、時間が足りないと焦ってしまうかもしれません。

建築条件付き土地には、このようなデメリットがあります。
とはいえ、どうしても満足のいく間取りが決まらないという場合には、建築会社との協議の上でそもそもの契約を白紙にすることも可能な場合がありますので、検討している方は建築条件付き土地についても一度考えてみられるといいかもしれません。

 

 

建築条件付き マイホーム 家

 

まとめ

 

建築条件付き土地にはこのようなメリットとデメリットがあります。

建築会社によって条件などが異なるので、制限の程度を確認しておくことが大切なポイントになります。

「間取り自由」「建築プラン変更可能」などという記載があったとしても、「間取りは自由だけど仕様に制限がある」場合や、「建築プランの変更は可能だけど、選択肢が2種類のみ」などという場合もあるので注意が必要です。

また、プランの変更や仕様の追加に特別料金がかかる可能性もあるということを覚えておきましょう。

不動産広告や営業担当は自由さを前面に出して話される場合があります。

しかし建築条件付き土地の自由とは完全な自由ではなく、制限のある自由であるということを前頭に入れておきましょう。

建築プランは多くの人が気に入りやすい、いわば「好みの中央値」であることが多く、「標準的で十分」「無難なタイプが好き」といった人には向いていると言えます。

また、竣工までの期間が短めなので、この点も特に気にしないという方や、早くマイホームに住みたいという方にも適しています。

 

 

マイホームの窓口では、ただいま無料でお家づくりに関する相談を承っております。

広島県内のショッピングモールに店舗がございますので、ぜひお気軽にお越しくださいね♪

 キッズスペースもご用意しておりますので、安心してゆっくりとお話いただけます。

 

 

 

■■お近くの店舗を探す■■

 

 

 

 

また、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として
『マイホームの窓口オンライン相談窓口』サービスをリリースいたします。
ご自宅でも気軽に家づくりに関してのご相談・ライフプランを

ご相談いただけるよう、オンラインチャット(PC/スマートフォン)にて弊社スタッフと接続し、

画面上にて、スタッフと対面でお話いただくことが可能です。


下記リンクよりご希望のご相談日時・オンライン接続を行うデバイス(PC/スマホ など)を

ご選択いただき、Webよりご予約ください。スタッフより改めてご連絡させていただきます。

 

 


オンライン相談窓口のご予約はこちらから>>

すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する