キッチン、トイレ、浴室…水回りリフォームで失敗しないためのポイント

トイレ、キッチン、浴室や洗面など家族が毎日使う水回りのスペース。

他の設備よりも利用頻度が高く、湿気も多いために老朽化も早く進みやすいと言われています。

家が古くなっても快適に暮らすために、水回りのリフォームを行うという方も多いかもしれません。

しかし、「ただ設備を新しいものに交換するだけだから」と、価格だけでリフォーム業者を決めてしまうの危険ですよ。

せっかくのリフォームですので後悔しないように「かしこいリフォーム」をしましょう。
暮らしをもっと快適にする水回りリフォームのために、押さえておきたいポイントや注意点をご説明します。

 

 

 

水まわりリフォームで押さえたい注意ポイント

水まわりリフォームのタイミングは15年~25年が目安と言われています。

それぞれのスペースごとの特徴を見ていきましょう。

 

●浴室

 

劣化の進行速度によって差はありますが、タイル張りの在来工法の浴室の場合は、築20年を過ぎると、原因は水もれやシロアリにより土台や下地材の腐食が進んでくるといったケースが多いようです。

小さなひび割れでも放置しておくと、水を吸い込んでしまい内部で腐食が進む可能性があります。

たとえ外見上は問題ないように見えても、目に見えない部分で劣化が進行している可能性がありるのです。

シロアリは暖かく、湿度が高い部位を好みます。

水まわりの中でも特に浴室周辺の被害が目立っていますので信頼のできる専門家の方に定期的にチェックに来てもらうようにしましょう。

また、水回りのリフォームは、「設備を新しいものに取り替えるだけ」と思っていませんか?

 

 

 

●キッチン

 

キッチンのリフォームでもっとも重要なポイントは、「自分たちの背丈や料理スタイルに合わせること」です。

「今のキッチンの高さが高すぎて料理し辛い」「低すぎて腰痛の原因になる」といった方も多いです。

最も使いやすいキッチンの高さは「身長÷2+5cm」なので、これをひとつの目安にして、自分が使いやすい高さをにリフォームしましょう。
ついついデザインや最新機能ばかりに目が行きがちなキッチンリフォームですが、カタログのおしゃれなイメージにとらわれすぎると失敗することもあるので注意が必要です。

キッチンをいつも使う人の立場に立ってプランニングすることが、後悔のないリフォームをするためのキーポイントです。

 

 

 

 

●トイレ

 

トイレのリフォーム時期も、浴室と同じように20年前後が目安と言われています。

その頃になると、黒い輪染みが出やすくなり、内装の傷みが気になり始めます。

リフォームのタイミングとしては、設備や建材の劣化時期と、暮らしの中で新しい暮らしへの要望が高まった時期の両方を考えて、築15年を過ぎたころから計画、築20年で実施を目安にすることをオススメします。

キッチン、浴室、洗面、トイレなど最新の水まわり設備は、掃除がしやすく、収納力があり、省エネ性能に優れているものがほとんどです。

特にトイレについては、病気や加齢などで体が不自由になっても、トイレだけは自分で行きたいという方は多いですよね。

将来を考えれば、今のうちに扉は引き戸にしたり、段差をなくしたりとユニバーサルデザインを意識してみてはいかがでしょうか。

便器のレイアウトを変えたり、手すりをつけることで、車イスや足腰が弱った人も使いやすいトイレにリフォームできます。

遅すぎるより一歩早めにスタートにしておくと、快適の先取りができるのはもちろん、光熱費を削減できるので費用の面でもお得になりますよ。

将来家族に介護が必要になった時にも、トイレが使いやすいかどうかで、介護する人の負担が大きく変わります。

「介護なんて、うちはまだ当分は先のこと」と油断していると、後で後悔することになる可能性があります。

 

 

マイホーム 家 新築 新築一戸建て

 

「まとめ買いはお得」はリフォーム費用でも同じ

リフォームは関連工事をまとめて行うと効率が上がり、その分費用が安く済むということをご存知でしょうか。

中でも効果的なのは「水まわりをまとめてリフォームすること」なんです。

水まわりには、それぞれ共通の業者さんが入るので、バラバラに工事をするより、まとめて行うほうが効率がよく、その分費用を安くすることができます。

また、水まわりは全体のリフォーム費用の中で、商品代金が占める割合が大きいのが特徴。

リフォーム工事はボリュームが大きくなるほど、工事費用の調整がしやすいので、単価が割安になるのです。

特に浴室+洗面所+給湯器は工事の絡みが多いので、「水回りを変えたい」とお考えの方はできるだけ同時にリフォームすることをオススメします。

まとめて仕入れることで割引率が上がり、その分で割安にリフォームができるケースが多いんです。

リフォーム会社の側も、これらを見越して、格安の水まわりパッケージプランを用意しているところがありますので、賢く利用したいところ。

便器の寿命はあるの?と思われる方も多いですが、陶器の便器なら割れない限り100年でも使うことができます。

しかし、だからといって100年間、同じ便器を使い続けて、快適に暮らせますか?と聞かれると、難しいとお答えします。

水まわり設備の寿命とリフォームの好機は別ものだからです。

快適さを求めるのであれば、リフォームをオススメします。

リフォームはオンラインショッピングとは訳が違う

水まわりリフォームは、他のリフォームに比べて設備機器の費用が高額になります。

高額な買い物をするのに、カタログだけで決めてしまう人がたくさんいますが、実物をしっかり吟味して選びましょう。

オンラインショッピングのように洋服や靴を買うのとは訳が違いますよね。

設備機器類や建材類は、ショールームへ行けば、実物を見て体験することができますし、システムキッチンなら前に立って高さの確認をする、引き出しを実際に開けてみる、鍋を振るなど忘れずに試してみましょう。

システムバスなら浴槽に入ったり、トイレの便器に実際に座ってみたり、とにかく体験して見ましょう。

これらの設備は、ほんの数センチの差で使いやすさが変わってきますよ。

また、収納や照明、洗面台の高さ、掃除のしやすさなども重要なチェックポイントとなります。

毎日使う場所ですので、信頼のおける専門家と一緒にプランニングしていきましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

キッチン・トイレ・浴室は毎日使用するものですので、快適な空間に作りあげたいですよね。水まわりリフォームを失敗しないために、上記のポイントをしっかり押さえて、お得に便利な住宅にリフォームしましょう。

マイホームの窓口では、ただいま無料でお家づくりに関する相談を承っております。

 

広島県内のショッピングモールに店舗がございますので、ぜひお気軽にお越しくださいね♪

 キッズスペースもご用意しておりますので、安心してゆっくりとお話いただけます。

 

 

 

■■お近くの店舗を探す■■

 

 

 

 

また、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として
『マイホームの窓口オンライン相談窓口』サービスをリリースいたします。
ご自宅でも気軽に家づくりに関してのご相談・ライフプランを

ご相談いただけるよう、オンラインチャット(PC/スマートフォン)にて弊社スタッフと接続し、

画面上にて、スタッフと対面でお話いただくことが可能です。


下記リンクよりご希望のご相談日時・オンライン接続を行うデバイス(PC/スマホ など)を

ご選択いただき、Webよりご予約ください。スタッフより改めてご連絡させていただきます。

 

 


オンライン相談窓口のご予約はこちらから>>

すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する