注文住宅を購入するおすすめのタイミングは?

結婚して子どもも生まれたし、ずっと安心して住み続けられるマイホームに住みたい!と考えるひとは多いのではないでしょうか。

しかし、年収や人生設計があやふやなせいでなかなか住宅購入に踏み込むことができないという声をよく耳にします。

そこで今回は、住宅購入にベストな時期と家を建てるための計画資金についてご説明します。

 

注文住宅を購入する、おすすめのタイミングは?

 

 

マイホーム 家 新築 新築一戸建て 子供

家を買う人の多くは「ライフステージに変化が訪れた時」に購入しています。住宅の購入動機を見て自分はいつ家を買えばいいのかについて考えてみましょう。

 

 

 

●結婚したとき

 

結婚が決まった時点で「家を買っちゃおう」と、婚約中からマイホーム探しを始めるカップルも増えてきました。
「賃貸に住むより、最初から家を買ってしまったほうが、ローンも早く終わりそう」「家賃を払うくらいなら、ローンを払ったほうがいい」などの理由から、結婚を機にマイホーム購入に踏み切るというケースが多いです。

早くに家を買うと、ローンの支払いが早く終わるメリットがある一方で、新婚時からずっと同じ家に暮らし続けるという夫婦も多くなるため、ふたり暮らしには広すぎる家を買った、結果的に子どもの数と部屋数が見合っていなかった、など予想外の状況になってしまう可能性があるため、考慮してプランニングしていきましょう。

 

 

 

 

●子供が産まれたとき

 

家を買うタイミングで一番多いと言われているのが「子供が産まれたとき」です。

これは、子供が産まれたことで結婚直後よりは将来の見通しが立てやすくなり、また、子供の通学なども視野に入れて、そろそろひとつの場所に腰を据えようと考える人が多くなるからです。

しかし、この時気をつけなければならないのは「どこに家を建てるか」ということ。

郊外に住むことを考えている場合、子供の通学や習い事の関係で不利になることがならないよう、今後どのような転機があるのか、あらかじめ家族と話し合ってから購入を決断することをおすすめします。

 

 

マイホーム 家 新築 新築一戸建て 子供

 

 

 

●子供が幼稚園に入園するとき

 

子供が幼稚園や保育園に通いだすタイミングで家の購入を決める人は、「家を購入するタイミング」で2番目に多いといわれています。

また、子供の人数や将来計画もある程度決まってくるため、子供部屋の数や広さなどの計画も立てることができます。

しかし、注意しなければならないのは、結婚したときや子供が産まれたときの購入に比べ、住宅ローンの支払い開始が遅くなってしまうということです。

また、家主の年齢によっては、ローンの借入金額が少なくなってしまう場合もあるので、余裕を持って資金計画を立てましょう。

小学校入学より後に家を購入してしまうと、子供の転校が必要になり、子供にはせっかく仲良くなった友人との別れという辛い思いをさせてしまいますので、遅くても小学校に入学するまでに家を購入しておくことをおすすめします。

 

 

 

 

●ペットを飼うとき

 

「ペットを飼いたいから」という理由で家を購入する人も多いです。

これは、賃貸物件ではペットの飼育を禁止されていることが多いためです。ペット可のマンションもありますが、管理規約によっては飼育する動物の種類や頭数に規制があり、一般的に小型犬や猫1〜2匹までを上限とされているところがほとんどです。

一戸建ての住宅であれば、頭数の制限はなく、大型犬の受け入れや多頭飼いも実現することが可能です。

「新しい自分たちの家で犬や猫に囲まれて暮らすことが夢」という方は、ペットとの暮らしのために一戸建てを選択してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

●子どもが親元を離れるとき

 

近年増加しているのが、定年退職後に夫婦2人になってから家を買うというケースです。

今まで貯めたお金と退職金を合わせて一括払いで家を買い、バリアフリー設計など老後に安心かつ快適な住まいで生活をする方が増えています。

定年退職後に住宅を購入する場合は、老後資金のバランスに注意しながらプランニングしましょう。

「老後の生活資金がなく、余裕のない生活が続いてしまう」というのであれば本末転倒です。

年金がいくらくらい貰えて、月々でどのくらいの支出があるのかなどをしっかり計算し、ストレスフリーで快適な老後を送りましょう。

 

 

 

家を購入する最適な年齢は?

 

マイホーム 家 新築 新築一戸建て 子供

 

何歳になっても家を購入することはできますが、できるだけ若いうちに家を買うと余裕を持って生活することができます。

家を購入する適切な時期を、年齢別に見ていきましょう。

 

 

 

 

■30代までに買えば、ローンを細く長く組めるのでラク

 

金融機関にもよりますが、住宅ローンの支払い期間の最長は35年程度とされています。
ローンを長く組めば、それだけ月々の返済額を少なくすることが可能です。
今後は働き方が変わってくるかもしれませんが、65歳を定年とすると、定年までにローンを完済するためには30代前半までに30~35年ローンを組んで家を買うのが理想的と言えるでしょう。
無理なく余裕を持って住宅ローンを組めば、この先起こりうる教育費や親の介護費などの支出にも対応しやすいので楽になります。

 

 

 

 

■40代は資金計画に工夫が必要

 

住宅ローン支払いの最終年齢はほとんどの金融機関で75歳までとされているため、35年ローンを組めるのは45才くらいまでとなっています。
それ以降に家を買うという場合には、住宅ローンの返済期間が短くなるため、月々の返済額が多くなったり、借入可能額が少なくなってしまう可能性があります。
40代以降に家を買う場合は、ある程度の頭金を入れるか、定年前に繰り上げ返済をしたり、退職金で返済する、といった資金計画を立てておきましょう。
ただし、ローンの返済と並行して老後資金も貯める必要があるため、無理のない予算で住宅を選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

■健康なうちにローンを組むと安心

 

住宅ローンを利用する際には、ほとんどの金融機関が団体信用生命保険(団信)に加入することを必須条件としています。
死亡・高度障害などの万が一の事態の際には、団信による保険金が下りて住宅ローンの残債務が返済され、家族に家を残すことが可能となります。
もし持病があって団信に加入できないという場合には、団信が必須ではない金融機関でローンを利用することも可能ですが、金融機関の選択肢は少なくなってしまいます。
もし今、持病等がないのであれば、できるだけ若く健康なうちに住宅ローンを組んでマイホームを手に入れておくことをおすすめします。

 

 

 

■最適な購入のタイミングは30代

 

お金の面から考えた「マイホームの購入は30代がベスト」と言われる理由は、

 

  • 住宅ローンの審査に通りやすい
  • 団体信用保険に入りやすい
  • 借入可能額を多くできる
  • 住宅ローンの借り換えがしやすい

 

ということです。

「住宅ローンを組むのにもっとも有利なタイミングだから」というのが最大の理由となっています。

もし30代で家の購入を考えているのであれば、この絶好の機会にぜひ検討してみてください。

 

 

注文住宅を建てる世帯年収は約731万円

 

まず、実際に注文住宅を建てた世帯の平気年収を見てみましょう。

国土交通省住宅局の「令和元年度住宅市場動向調査」によれば、新築の注文住宅を購入した世帯の平均年収(全国)は731万円という結果でした。

三大都市に絞ってみると、平均世帯年収は691万円と上がっています。やはり郊外よりもその地域の中心都市のほうが年収は高く、その分だけ注文住宅を購入する世帯も増えています。

住宅購入予算は、望ましいローン額+=年収×25%×35年となるため、「年収×年収倍率+自己資金-諸費用」で調べることができます。 

例えば、注文住宅を購入する人の世帯平均年収である731万円で計算してみると、

 

731万円(年収)×0.25(返済可能額)×35(返済期間)=6397万円

 

上記の計算で年収による予算を調べることができます。

この他に新居に引っ越すための費用などをプラスして、余裕を持った資金繰りを心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

ライフプラン設計の知識をもてば、いつ購入してもOK!

 

 

マイホーム 家 新築 新築一戸建て 子供

 

 

 

 

ライフプラン設計は、単にご本人やご家族の人生設計だけでなく、住宅ローンの仕組みの理解や、将来予測していなかった家計の変化に対して臨機応変に対応できる貯蓄などの備えを含めてプランニングしましょう。

単に金利や支払い年数のことだけを見て繰り上げ返済をすることに必死になったり、ご家族が増えたのにローンの設定はそのままだったりすると、買い時に購入したはずの住宅がその後の人生に大きなストレスとなってしまう可能性があります。

特に、「若い頃に契約したローンをそのままにし、不必要な金利をただ返済している」ということにならないように注意しましょう。

ご家族の変化や経済の変化に合わせて、時にローンの組み換えや繰り上げ返済を上手に取り入れるためには、資金や資産についてしっかりと考える必要があります。

もちろん先ほどの条件を踏まえると、物理的にお勧めできない時期はありますが、それを除けば、いつ購入してもご自身の心がけ次第で満足のいく生活を送ることができます。

ご家族としっかり話し合って、後悔のないようにプランニングしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

マイホームの窓口では、ただいま無料でお家づくりに関する相談を承っております。

広島県内のショッピングモールに店舗がございますので、ぜひお気軽にお越しくださいね♪

 キッズスペースもご用意しておりますので、安心してゆっくりとお話いただけます。

 

 

 

■■お近くの店舗を探す■■

 

「家づくりの相談をしたいけど、近くに相談できる店舗がない…。」
「自粛中でなかなか外出することができない…」
そんなあなたへ!マイ窓ではそんな声をお応えした、LINEを用いたオンラインでの無料ご相談を受付中です。

住宅業界に精通したプロのアドバイザーがあなたに合った家づくりをご提案します。
建築に関する事だけでなく工務店選びや住宅ローン、ライフプランまで幅広い内容を豊富や知識でサポートします。

店舗への来店やLINEでのチャット相談だけでなくご自宅にいながら、よりコミュニケーションの取りやすいビデオ通話でのご相談も可能です。
ZOOMという無料アプリを使用し、背景など自由に変更することができますので、自宅がカメラに映ってしまう…という心配もいりません。
詳しくは是非お問い合わせください。

>>いますぐLINEで相談する

すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する