お風呂のバリアフリーリフォームの種類と費用

家の中で起こる「家庭内事故」のうち約3割はお風呂で起こると言われているのをご存知でしょうか。

特に高齢の人にとって、浴室は立ち座りの動作が多く、段差も多いため転倒の危険性が高い場所の一つ。

また、洗面所や他の部屋との気温差によってヒートショックが起こってしまう可能性も多いので対策が必要です。

そこで今回は、お風呂のバリアフリーリフォームについてご説明します。

介護する側・される側どちらの視点も大切

 

マイホーム 家 新築 新築一戸建て 子供

 

浴室のバリアフリー化のためのリフォームでは、お年寄りや介護が必要な方の視点はもちろんのこと、介護する側の視点を考慮することも重要なポイントです。
例えば、相手の動作をスムーズにサポートするために、介護者はさまざまな動きをしたり、体勢をとったりしなければなりません。

そのため、介護を受ける側も介護をする側も、両者にとって、安全なスペースにする必要があります。

介護やサポートをしやすい設備や十分なスペースがあるかということも考慮した上で、プランニングして行きましょう。

お風呂のバリアフリー化が推奨されているのはなぜ?

浴室のバリアフリー化が推奨されている理由はなぜでしょうか。

お年寄りや介護が必要としている方による入浴は、大きなリスクが伴います。
例えば、浴槽をまたぐ際は手すりがないと転倒する可能性が高く、ケガにつながってしまう可能性があります。

また、浴槽が大きすぎると、体がお湯に沈み込みすぎてしまう危険もあるため、注意が必要です。

この他にも、濡れて滑りやすい床や、出入口の段差なども、転倒のリスクを高めてしまいます。

お風呂をバリアフリー化する際のポイント

マイホーム 家 新築 新築一戸建て 子供「高齢の両親や障がいのある家族と同居している」

もしくは

「自分が歳を重ねていく上で将来を見据えてリフォームしておきたい」

など、バリアフリーを求める背景は人により異なります。

人生100年時代といわれている今、転倒などにより、それまでの健康状態が悪化しないよう、しっかりと対策を行って安心して過ごせる老後生活を送りましょう。

 

 

 

 

●滑ることによる転倒対策

 

お風呂場は足元が濡れていると、非常に滑りやすくなります。

高齢者や体が不自由な方のお風呂での転倒事故も多く、頭部打撲などによって重症となる可能性もあるため、対策しましょう。

 具体的な対策方法としては、滑りにくい材質の床材を使うということ。

さらに、水はけがいいか、転倒した際に衝撃を吸収してくれるかなども重要なポイントとなります。

また、手すりを設置することも忘れないようにしましょう。

手すりは洗い場の横、浴槽内、浴槽から出るときにつかめる場所、出入り口付近に設置することがおすすめです。

 

 

 

 

●浴槽の高さと深さ

 

浴室の床から浴槽の縁までに高さが設けられ、その分またぐ際に足を上げる必要があります。

特に、高齢者の方などは体力を消耗し、滑って転倒する危険性が高まります。

浴槽は人が簡単にまたげる高さ、30~40cmを目安にリフォームしましょう。

また、浴槽の深さもあまり深いものしないように注意しましょう。

 

 

 

 

●お風呂場の出入り口の段差

 

通常、浴室の床は脱衣所よりも低めに設置してあります。

これは、水を使うことが理由であり、脱衣所と浴室の床の高さがフラットであると、脱衣所の方まで床が濡れてしまうためです。 

バリアフリーの視点で考えると、脱衣所と浴室との段差は2cm以下であることが望ましいと言われています。

「たかが2cm」かと思う人もいるかもしれませんが、高齢の人はつまさきが上げづらくなっており、些細な段差でも転倒してしまう可能性があるため考慮して設計しましょう。

 

 

 

 

●浴室のドア

 

一般的に、バリアフリー化を目的としたお風呂場のドアは「引き戸」になっています。

これはお風呂場で滑り、転倒などをしてしまった際に、押し戸だと倒れた人にぶつかり外から開けることができなくなってしまうためです。

高齢者のお風呂での事故は初期対応が遅れてしまうと、その分死亡のリスクも高まるため、お風呂場のドアは引き戸を選択しましょう。

 

 

 

 

●ヒートショック対策

 

高齢者がお風呂場で死亡する原因のひとつに“ヒートショック”というものが挙げられます。

ヒートショックとは、特に冬場、寒い脱衣所で衣類を脱ぎ、温かいお湯に浸かることで血圧が急激に変動、体温が急上昇するなどして、不整脈や失神などの症状が起こる健康障害のことを言います。

 また、64歳未満の方に比べて、65歳以上の高齢者になるとヒートショックで死亡する確率が急激に増加するというデータがあり、厚生労働省は毎年、ヒートショックに対する注意喚起を行っています。

 脱衣所などに断熱材を入れたり、脱衣所にも暖房器具などを設置したりするなどして寒暖差を減らすように心がけましょう。

 

リフォームには介護保険・補助金をかしこく使おう

マイホーム 家 新築 新築一戸建て 子供浴室のバリアフリー化のためのリフォームは、介護保険や補助金制度を活用することで、費用を格段に抑えることが可能です。

受給の対象となるためには、要介護認定で「要支援」または「要介護」と判定されていること、また支給額は、支給限度基準額20万円の9割である18万円が上限となっています。
給付対象となるリフォームの条件は、以下の6項目です。

いずれかの条件を満たせば支給されるため確認しておきましょう。

1. 手すりの取り付け

2. 段差の解消
3.  滑りの防止および移動の円滑化などのための床、または通路面の材料の変更
4. 引き戸などへの扉の取替え
5. 洋式便器などへの便器の取替え
6. その他、1から5までの住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

介護保険を利用したい場合は、必要書類を市区町村へ事前に提出し、工事完了時に証明書と併せて再度書類を提出すると、支給を受けることができます。

住宅のバリアフリー化を対象にした、補助金交付制度を用意した自治体もあるため、自治体のウェブサイトを確認したり、役所の窓口で相談したりして確認しましょう。

 

 

 

 

バリアフリー仕様が標準化しつつある

 

家を建てる際にバリアフリー要素を取り入れようとした場合、標準仕様より割高になるのでは、と心配する人もいるかもしれませんが、近年ではバリアフリー仕様を標準としている会社も多く、バリアフリー要素を取り入れたからといって、必ずしも余分な費用がかかるとは限りません。

お風呂のバリアフリーリフォームを検討している人は、一度お近くの工務店やハウスメーカーに確認することから始めてみましょう。

 

マイホームの窓口では、ただいま無料でお家づくりに関する相談を承っております。

広島県内のショッピングモールに店舗がございますので、ぜひお気軽にお越しくださいね♪

 キッズスペースもご用意しておりますので、安心してゆっくりとお話いただけます。

 

 

 

■■お近くの店舗を探す■■

 

「家づくりの相談をしたいけど、近くに相談できる店舗がない…。」
「自粛中でなかなか外出することができない…」

 

そんなあなたへ!マイ窓ではそんな声をお応えした、LINEを用いたオンラインでの無料ご相談を受付中です。

住宅業界に精通したプロのアドバイザーがあなたに合った家づくりをご提案します。
建築に関する事だけでなく工務店選びや住宅ローン、ライフプランまで幅広い内容を豊富や知識でサポートします。

店舗への来店やLINEでのチャット相談だけでなくご自宅にいながら、よりコミュニケーションの取りやすいビデオ通話でのご相談も可能です。
ZOOMという無料アプリを使用し、背景など自由に変更することができますので、自宅がカメラに映ってしまう…という心配もいりません。
詳しくは是非お問い合わせください。

 

 

 

>>いますぐLINEで相談する

すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する