手洗い・うがいに配慮した、セカンド洗面のあり暮らし

家に戻ったら、まずは「手洗い・うがい」という行動パターンが身につき始めている人も多いのではないでしょうか。

帰宅後の手洗いやうがいは今まで以上に大切な習慣となってきました。

最近では、玄関まわりなどに、洗面室とは別に手洗いコーナーを設けるご家庭も増えつつあります。

「セカンド洗面」とも呼ばれる、もうひとつの洗面コーナーのメリットとプランニングの注意点をご紹介します。

セカンド洗面とは

マイホーム 家 新築 新築一戸建て 子供洗面台は、通常、バスルームに隣接する洗面脱衣室に設置するケースが一般的です。

洗顔や歯磨きだけでなく、メイクやヘアセットなどでも使用する洗面脱衣室の洗面台は、多機能で収納スペースが豊富な種類も増えてきました。

「セカンド洗面」とは、このような洗面化粧台とは別に、洗面室や脱衣室ではない場所に設ける、もうひとつの洗面コーナーのことを言います。

マンションよりは一戸建てで取り入れられ、比較的コンパクトな洗面台を採用します。

「セカンド洗面」を設けることで、洗面室まで行かなくても手洗いやうがいができます。

家族が多い場合など洗面室の混雑を防ぐことができ、来客時に脱衣室などを気にすることなく生活できます。

手洗いの必要性が高まる今、使い勝手のいい手洗いコーナーは重要な箇所の一つです。

セカンド洗面の実例を紹介!

マイホーム 家 新築 新築一戸建て 子供セカンド洗面を設ける場所として多くみられるのは、一般的に、メインの洗面台が設置されている洗面室などと異なる階(フロア)です。

1階に洗面室がある場合は2階に、2階に洗面室があるのであれば1階に設けます。

また、最近のトイレプランは、タンクレストイレを設置するケースも増え、その場合は、手洗い器を別に設ける必要があります。

手洗い器は、トイレ空間内に設けるプランが一般的ですが、トイレ外、出入口扉付近に設置することで、トイレの後だけでなくセカンド洗面として利用することもできます。

具体的に、セカンド洗面の実例を見ていきましょう。

 

 

 

 

■玄関や勝手口の周辺に

 

最近注目を集めているのが、玄関や勝手口の近くに設ける間取りです。

お子様はもちろん、家族が帰宅した際に、すぐに手洗いやうがいをすることができます。

出かける前の身づくろいにも使い勝手がよく便利です。また、お客様にも気軽に使用してもらうことが可能です。

お客様にも使ってもらうのであれば、来客動線上に、デザイン性にも配慮してアイテムをチョイスしましょう。

また、勝手口の場合であれば、機能性を優先させてプランニングすることで、手洗いだけでなく、泥野菜などを洗ったり、ペットの散歩帰りなどでも使用しやすいかもしれません。

 

 

 

 

■子供室の近くに

 

子供室近くの廊下や踊り場などに設けるケースも多いです。

朝の忙しい時間帯に、手洗いやうがいはもちろん、洗面や歯磨きなどにも便利です。

また、お絵かきや書道の道具などを洗う際にも使いやすいかもしれません。

洗面台の高さやデザインなど、子供の成長に合わせて、長く使えるように意識してプランニングしましょう。

 

 

 

 

■寝室や個室に設置

 

寝室や個室などプライベート空間にも洗面は便利です。

海外では、寝室に洗面所が設けられており、朝・夜の歯磨きや身支度を行うことが多いです。

家族の人数やライフスタイルによって、洗面室の使用が集中してしまう時でも、ゆっくりと身だしなみを整えることが可能です。

造作カウンターや家具のようなキャビネットなど、空間のインテリアに合わせて、デザイン性の高い洗面台や水栓金具を選びコーディネートすると、インテリア性も高まります。

また、幼いお子さんと一緒に寝室で寝ている場合、体調がすぐれない場合、介護などでも個室内に洗面台があると重宝します。

 

 

 

 

■ベランダやデッキの近くに

 

ベランダやバルコニー、テラスやデッキの近くに設けることで、屋外での作業や掃除の際に重宝します。

特に、2階や3階のベランダでは、たとえば、洗濯物干し竿を拭いたり、ベランダガーデニングの水やりなどに利用することも可能です。

趣味のBBQを楽しみたいという人にもおすすめです。

 

セカンド洗面のメリットとデメリット

マイホーム 家 新築 新築一戸建て 子供セカンド洗面は、あると生活にゆとりを持たせることができますが、メリットがあればデメリットもあります。
メリットに合わせ、セカンド洗面を設けることで起こりうる注意点もチェックしましょう。

 

 

 

 

セカンド洗面のメリット

 

セカンド洗面を設置する上での一番のメリットは、洗面台での混雑を解消できるということです。

家族全員が1台の洗面台を奪い合わなくて済むのは大きなメリットと言えるでしょう。

朝の時間帯は家族全員の使用タイミングが重なりやすく、また、慌ただしく準備をするためかなりストレスになってしまいます。

セカンド洗面があれば、分散して洗面台を使用することが可能です。

また、わざわざ洗面室まで行かなくても手洗いができるなど、家の中での無駄な動線を減らすことができ時間を有効に使うことができます。

本当に小さなことのようですが、水掃除の度に1階でバケツいっぱいに汲んだ重い水を持って2階へ上らなくて済んだり、手を洗うためだけに1階に降りる必要がなくなることで日々のストレスが軽減されます。 

「ほんのちょっと」の積み重ねが生活においては大きな満足感へと繋がるのです。

 

 

 

 

セカンド洗面のデメリット

 

セカンド洗面のデメリットは、水回りの配管が必要になるため、後からつけると工事費が高くなってしまうということです。

リフォームで2階にセカンド洗面を設置しようと思っても、配管の都合で設置できないというケースもあります。

仮に工事はできたとしても、高額な工事費が必要となる場合もあるため、得られる快適さと工事費のバランスが釣り合わないということも。

また、コンパクトとは言え、セカンド洗面はスペースが必要です。例えば玄関に設置すれば、それだけ玄関の空間を圧迫するため、十分なスペースが取れない場合は「狭い」と感じてしまうかもしれません。設置するときは空間のスペースをしっかり考慮してプランニングしましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

マイホーム 家 新築 新築一戸建て 子供

 

 

新しく家を建てるときに検討したい「セカンド洗面」

通常の洗面室以外にももう1ヶ所洗面スペースを作ることで、生活にゆとりをもたせることができます。

トイレの前や玄関、2階の廊下などに設置するケースが多く、洗面スペースの奪い合いを解消し、家の中での動線をすっきりさせることも可能です。

ただし、後からリフォームで設置しようとすると、配管の関係で工事費が高額になることもあるため注意しましょう。

メリットだけでなく、デメリットまでしっかりと考慮した上で、セカンド洗面の設置を検討してください。

 

 

 

マイホームの窓口では、ただいま無料でお家づくりに関する相談を承っております。

広島県内のショッピングモールに店舗がございますので、ぜひお気軽にお越しくださいね♪

 キッズスペースもご用意しておりますので、安心してゆっくりとお話いただけます。

 

 

 

■■お近くの店舗を探す■■

 

「家づくりの相談をしたいけど、近くに相談できる店舗がない…。」
「自粛中でなかなか外出することができない…」


そんなあなたへ!マイ窓ではそんな声をお応えした、LINEを用いたオンラインでの無料ご相談を受付中です。

住宅業界に精通したプロのアドバイザーがあなたに合った家づくりをご提案します。
建築に関する事だけでなく工務店選びや住宅ローン、ライフプランまで幅広い内容を豊富や知識でサポートします。

店舗への来店やLINEでのチャット相談だけでなくご自宅にいながら、よりコミュニケーションの取りやすいビデオ通話でのご相談も可能です。
ZOOMという無料アプリを使用し、背景など自由に変更することができますので、自宅がカメラに映ってしまう…という心配もいりません。
詳しくは是非お問い合わせください。

 

 

 

 

>>いますぐLINEで相談する

すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する