憧れのマイホーム!新築の家を建てたい!でも費用はいくらかかるの?


家族にとって、夢のマイホームを建てたいと思ったときに、まず気になるのが費用のこと。実際、何にどのくらいの費用が、かかるのか分からないと具体的な話に進みません。

 

マイホームづくりの総費用の内容が分かれば、現在の貯金や年収からライフプランを立て実現可能なマイホームの予算が分かり住宅ローンの計画が立てられます。

 

 

では、実際にマイホームづくりにかかる費用、建物本体工事費・付帯工事費諸費用についてみていきましょう!

 

 

 

建物本体工事費のみじゃない?それ以外にも様々な費用がかかる家づくり

 

家づくりの総費用の内訳は「建物本体工事費」が70%、「付帯工事費」が20%、「費用」が10%と言われています

 

例えば、総費用4.000万円の家を建てる場合、建物本体工事費が2.800万円、付帯工事費が800万円、諸費用が400万円となります。付帯工事費諸費用も思っていた以上に結構、かかりますね。

 

では、付帯工事費諸費用って、一体、どのような内容なのでしょうか?

 

 

付帯工事費って何?どうしても必要な費用なの?

付帯工事費は、必ず必要な工事です。電気、ガス、水道といったライフラインを家で使えるようにする整備費も含まれているので、付帯工事がないと家に住むことができません。

他には、庭、門扉、駐車場や玄関アプローチといった家の外の外構造園工事費も、帯工事費になります。

 

また、購入した土地に、地盤改良が必要なら、地盤を補強する為の工事となり地盤改良費がかかります。

 

周辺の環境も良くて、気に入った土地が安く購入できることになっても、大掛かりな地盤改良工事が必要になる場合は、逆に高くついてしまうこともあります。その為に、土地選びは環境や値段だけでなく、地盤についても確認する必要があります。

 

これら以外で、付帯工事費に含まれるのは以下の通りです。

 

・建て替えの場合は、古屋の解体工事

 

・造成整地工事、 整地にし、敷地に高低差がある場合は擁壁を造る工事

 

・仮設工事費

 

・照明、カーテン工事費

 

・空調設備工事

マイホームを持つにあたり大切な諸費用について知ろう!

 

ここでは、諸費用は、どのような種類があるのかをみていきましょう。

 

まず、新築の家を建て替えではなく、不動産会社を介して、土地購入する場合は、仲介手数料が必要になります。

 

仲介手数料は、土地の販売価格の3%+6万円、これに消費税10%がかかります。この金額は宅地建物取引業法での上限となっています。

また、多くの人にとって、マイホーム購入は、一生に一度の大きなこと。金額も一番高く大きな買い物なので、ほとんどの方が住宅ローンを組み、毎月返済していくことになります。

 

住宅ローン手続き費用の種類は、「事務取扱手数料」「保証料、保証事務取扱手数料」「団体信用生命保険料」、そして、「印紙税」「登記費用」になります。

 

事務取扱手数料」は、ローンを組む金融機関に支払う事務手続きの手数料。「保証料、保証事務取扱手数料」は、ローンの返済が滞ったときの為に、保証会社に支払う費用となります。この金額が、諸費用の中で最も高額になります。

 

団体生命保険料」は、加入者に万一のことがあった場合、ローンの残額が返済される保険に支払う費用です。

 

不動産の取引に必要とされる「不動産売買契約書」住宅ローンを借りる際に必要となる「金銭消費貸借契約書」、建築を依頼する会社に提出する「建築工事請負契約書」。

これらには、印紙税が必要となり、契約書に収入印紙を貼ります。

印紙税の金額は、記載金額により異なりますが、記載金額が1.000万円~5.000万円の場合、「不動産売買契約書」は10.000円、「金銭消費貸借契約書」は、20.000円、そして、「建築工事請負契約書」、10.000円となります。

 

司法書士、土地家屋調査士に支払う登記費用は、登記費用(税金)+報酬となっており、司法書士の方に支払う所有権抵当権の費用と土地家屋調査士に支払う表記登記費用が必要となります。

 

他には、不動産取得税といって、土地建物を購入する際に一度だけかかる税金があります。

 

不動産取得税の計算は、土地・建物の税額=固定資産税評価額×3%(2021年3月31日まで土地と建物に軽減が適用)、宅地の課税標準が1/2となる特例もあり、こちらも、2021年3月31日までとなっています。さらに、新築住宅及びその敷地の税額の軽減や認定長期優良住宅の税額の軽減もあります。

 

火災保険費用は、ローンを組む際に多くの銀行で加入を義務化しています。地震保険の加入は任意の場合が多くなります。

まだあります!その他にかかる費用は何があるの?

 

建物本体工事費以外にも、付帯工事費諸費用がかかりますが、これで終わりではないのです。

 

引っ越し費用、家具カーテン照明などの費用、近隣にご挨拶する際に持参する手土産の費用もかかります。

 

もし、地鎮祭や上棟式を行う場合は、神社に支払う初穂料や飲食代などもかかります。

 

こうみていくと、マイホームづくりは、人生の一大イベントと言っても過言ではないですね。

 

ざっくり分けると、付帯工事費は、主に建物の外の工事にかかる費用となり、諸費用は、マイホームを持つにあたり支払う税金や住宅ローン手続きに関連するものとなりますね。

 

税金や住宅ローン関係以外の費用で、優先するものやそうでないものを検討する必要もありますね。予算の中で、自分たちに合った夢のマイホームを実現していきましょう!

すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、または送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する