こだわってますか?牛乳はパスチャライズド

牛乳飲んでますか?私は牛乳ってそんなに好き好んで飲む方ではありません。私は人生の半分を海外で過ごしてきたのですが、日本の牛乳が、苦くてちょっと苦手なんです。
飲んだら口が臭くなる気がするのも気になります。
でも、カルシウムや栄養の摂取源として、やっぱり飲んだほうがいいのかなぁと思って、牛乳を定期的に配達してもらってます。

 

熱処理方法がポイント☆成分無調整のパスチャライズド牛乳

 

選んだのは、木次牛乳です。

なぜそうしたかというと、まず、市販の牛乳には、超高温熱処理と書いてあるものがあります。
最近色々なものを殺菌、消毒、滅菌・・・とにかく菌に関して敏感な世の中になった気がします。
菌に対してはもちろん熱処理が効果的なのですが、市販されている牛乳は大抵120℃〜130℃で瞬間殺菌されています。
これが「超高温熱処理」と書いてある理由なのですが、これは本来、常温で保存できる牛乳を作るための方法なのです。
高熱のため、すべての微生物を死滅させてしまう上に、大切なタンパク質の熱変性まで引き起こします。要するに必要以上に牛乳にダメージを与えてしまっているわけです。
熱変性した乳タンパク質は、胃の中で凝固しないため消化吸収が低下し、カルシウムも吸収することができなくなります。

そういった牛乳を飲んでもあまり意味がないはずだと思い、牛乳を変えたわけです。

 

パスチャライズド処理は、低音長時間殺菌です。
具体的には72℃15秒と63℃3分間で有害病原菌の気概を最小限にすることを目的として、国際的に決められた方法です。
消費期限は短くなり、冷蔵庫での保存が必須となりますが、栄養成分の変性が少なく「生きたミルク」の良さが残る処理方法です。

知る限り欧米諸国の牛乳は、ほぼ、パスチャライズド処理です。
海外旅行の時ホテルの朝食の牛乳が、ん?なんか違う!!と思ったことないですか?(アジアの事情は知りませんが…)

この牛乳の天然性が損なわれないパスチャライズド処理された牛乳は、胃の中でかたく凝固し、消化吸収がよく、さらにカルシウムの吸収率が高いといわれています。

サラッとした飲み口も気に入ってます。
健康も願い、ちょっとした贅沢を選択することにした次第です。

 

私は定期的に配達していただいておりますが、スーパーでも販売されていますよ。

(出典:木次乳業ホームページ)

 

このサイトを広める
すべてのサービス無料
紹介して終わりではありません︕
マイホームの完成までを
しっかりサポート
させていただきます!
まずはお気軽に
お問い合わせください。
無料
ダウロードは即時!
郵送は3営業日以内に発送!
資料請求

土地のこと、ローンのこと、契約のことなど、
住まいづくりにはわからないことがいっぱい…
そんな方へのお役⽴ち資料を無料ダウンロード、
または
送付いたします︕

資料を選んで請求する
無料
最寄りの店舗をカンタン検索!
来店予約

お近くの店舗へのご来店予約をしていただけます。
マイホームのご相談、
アドバイスはすべて無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗を選んで予約する
このサイトを共有する