人それぞれの楽しみ方があるFISE HIROSHIMA2019

昨年から開催されるようになったFISEへ行ってみました 🙂 そもそもFISEって何?って思う人もいると思うので、簡単に説明すると、スケートボード・BMX・インラインスケート・ダンス・パルクール・ボルダリングなどの技や高さや速さを競う大会で、また一般の人がこれらのスポーツに触れ、有意義な時間を過ごすためのイベントです。

FISE(フィセ)は「エクストリーム・スポーツ国際フェスティバル」を意味するフランス語のFestival International du Sport Extremeを略した名称です。

https://www.fisehiroshima.jp

間近で見るアクションが凄い

色んな競技がある中でもBMXに大勢の観客が集まっていました。有料の観客席以外は立ち見でしたが基本的にスペースが空いていればどこで観ても大丈夫なので、競技コースのすぐ近くで観ることができました 😯 エントリーしている選手の中には世界ランクの選手も居たりで、目の前で凄い技をたくさん観ることできました 😀 他にブレイクダンスのチーム戦だったりボルダリングのタイムアタックなどもあり、それぞれ歓声が上がっていました 😆 

親子連れで遊びに行っても楽しめる

一見こういったアクロバティックな競技の大会だと、家族連れが入りにくい印象がありましたが入場してる観客のうちの1/3は親子連れが多かったです。それもそのはずで親子で楽しめる体験コーナーがあちらこちらに、たくさんあって例えば、スケートボード・フェンシング・マウンテンバイク・版画・トランポリン・ボルダリングなどがあり各ブースで順番待ちするほどでした。

入場無料で競技以外でも楽しめる

入場するときにQRコードを読み込んで、そこからアプリをダウンロードし、必要な登録をすると自分用のQRコードが出てきます。それがそのまま入場券になります。一度出てもまたQRコードで再入場できるので、そのへんの気軽さがとても良かったです 😀 そのうえ競技スペース以外は、全国で人気の食べ物や、広島で人気のお店のフードコーナーなどもあって、中に入ってるお客さんも自由にこのイベントを楽しんでる様子でした。

eSPORTSが熱い

画像出典:https://twitter.com/FiseHiroshima

会場は別になりますが、基町クレドのパセーラ11階のNTTクレドホールにてeSPORTSのウイニングイレブンをやっていました。日本ではeSPORTSはがようやく認知度が上がってきていますが、世界では昔から一つのスポーツとして捉えられています。世界大会でのeSPORTSの最高賞金が約27億円というものもありました。

出典:ネクソン公式ブログよりhttps://corporateblog.company.nexon.co.jp/entry/2017/12/18/114614

日本ではテレビゲームというと、家で子供が遊んでいて、それを見る大人はあまり良い顔しないという印象がありますが、これからの時代はテレビゲームも極めていけばYouTuberのように職業になることもあるかもしれませんね 😎 

まとめ

今回のFISE HIROSIMA2019は4/19〜4/21の3日間行われていましたが、常に入場ゲートは人で溢れていて賑わっていました。ゲートの外で入るかどうかを迷ってる人もたくさん居ましたが、FISEは絶対に入った方がお得です!特に子供の遊び場には最適なイベントだと思います 😀 来年もまた開催されたら、私は絶対子供と一緒に遊びに行きたいと思います(笑)

広島県でのマイホームづくりなら、マイ窓。
無料相談・無料アドバイスのお問い合わせは今すぐ!

お電話でもマイホームのことご相談ください!

0120-560-657 平日10:00~18:00
加盟店募集 加盟店募集
このサイトを広める