住宅・新築で重視するものは何?収納からのアプローチその①

こんにちは。「マイホームの窓口」整理収納アドバイザー&住宅収納スペシャリストのイノクチです。

さて、皆さん、新築の家を建てるにあたり、何を重要視されますか?

 

よく言われることは、男性は家の構造や施工などを重視して、女性はデザインや生活動線を含む収納を重視するということです。

 

我が家も、マイホームを持ったとき、主人は筋交いなどの住宅の構造などに関心を持ち、引き渡しが終わってからも趣味のように定期的に床下にもぐっていました。

一方、私が気になっていたのは、オーダーメイドのキッチンにするか?または、システムキッチンを導入するか?だったり住宅のリビング収納は、どのくらい必要か?など暮らしやすい生活動線についてでした。

 

今回は、子どもの動線を意識したリビングの収納についてご紹介します。

 

個室はまだ早い?小学生の学習場所はどこがベスト?

 

中学生になると自分の部屋や図書館、友人の家、塾で勉強することも多くなってきます。

一方、小学生の子どもは、自宅で勉強することが多いでしょう。

 

では、自宅のどこの場所で勉強をしているのかを調べてみました。すると、中学受験するしないによっても、結果は変わりました。中学受験をする小学生の63.4%がリビングで勉強しています。
そして、なんと、中学受験をしない小学生においては77.4%がリビングという結果になりました。

住宅新築 リビング

中学生になると、リビングと個室の割合が半々くらいになります。中学生になっても、リビングでの勉強が人気?なんですね。

実際、我が家の小4の息子も、リビングでしか勉強しません。国語の教科書の音読を親が聞いて、チェックする宿題もあり、またちょっと分からないことも聞いてきたりします。
小学生がリビングで学習するのが多いのは、まだ親の役割りが大きいのも影響していると思います。

黙々と一人で勉強に向き合うというよりも、家族の気配が感じられたり、すぐに質問したりできる環境がベストなのでしょう。

リビング学習は学力向上に効果的と雑誌「AERA with Kids」で紹介されたこともあります。

 

ランドセル、教科書はどこに置く?リビング収納の提案

多くの子どもが、リビングで勉強しているという現実。

それでは、教科書、ノート、そしてランドセルの定位置はどこが良いのでしょうか?

 

子どもが帰ってきて、自分の部屋にランドセルを置く→宿題のプリントや教科書、ノート筆箱を持ってリビングに行く→終わったら、使った一式を持って、子ども部屋に行き定位置に収納する。この一連の動作ができる子どもは、本当に素晴らしい~!もう、これ以上、読む必要がないくらいです。

 

学校から帰宅して、「ただいま~」→リビングに直行、ランドセルはその辺にほっぽり投げる→「おやつ、何?」→おやつ食べる→その後、ランドセルから宿題を出して広げる→リビングの机に宿題を広げっぱなし。こうゆうお子さんも多いのではないでしょうか?

ランドセル 小学生

ずばり、うちの息子は1年生から今まで、ずっとこれです。
そのたびに私は「机の上の教科書、ノート片づけて~」「ランドセル、自分の部屋へ持って行って~」ばっかり。このセリフ、息子は聞き飽きて、私は言い飽きました。

 

このセリフを言わない方法・・・それは、子どもの動線を意識して、リビング内にランドセル+学用品(出来たら、本や漫画も)を収納することです。

 

これで散らからない!子どもが使うものを一元管理する収納

 

「会社で仕事をスムーズにする為には、情報の一元管理が大切です」というフレーズを本で見て、「一元管理!?これは、うちの小学生にも大切!!」とビビっときました。

 

リビングに、ランドセルの場所、教科書を置く場所、漫画を置く場所をそれぞれ作っても、それぞれを元の定位置に戻すのは至難の業。自分の部屋にさえ、持っていけないのにハードルが高いです。

 

それなら、リビングにランドセル、教科書、ノート、プリント、漫画全て一元管理できる収納場所があれば、小学生も迷いません。ここに来れば、自分にとって必要なものがあると認識してもらいましょう。

 

本来なら、リビングのクローゼットや押し入れなどの見えない場所に、あるのが理想です。が、しかし、押し入れを開けるというワンアクションをするのもできるか怪しい息子なので、我が家はリビング内の死角になる場所に収納コーナーを作りました。

 

これによって、ランドセルや学用品がいつまでもリビングに散乱するということは無くなりました。

 

次回は一元管理収納コーナーのご紹介と片づけについてお話したいと思います!
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

「マイホームの窓口 アルパーク店」5月18日にオープンしました!

東棟ではなく天満屋4Fにございますので、お間違えなくお越しください。

相談は何度でも無料です。皆様のお越しをお待ちしております。

アルパーク店の詳細はこちらから→https://alpark.mymado1.jp/

 

広島県でのマイホームづくりなら、マイ窓。
無料相談・無料アドバイスのお問い合わせは今すぐ!

お電話でもマイホームのことご相談ください!

0120-560-657 平日10:00~18:00
加盟店募集 加盟店募集
このサイトを広める